YouTubeを目から投影、AnkerがR2-D2のモバイルプロジェクター2020年1月下旬に発売

起動音はR2-D2ボイスが流れる特別仕様

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2019年12月23日, 午後 05:45 in av
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
Ankerは2020年1月下旬にR2-D2デザインのモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule ll R2-D2 Edition」を発売します。販売個数は限定1138個で、価格は税込7万9800円。Anker StoreとAnker公式オンラインストアにて販売予定です。

Engadget
本体にR2-D2のデザインが施されているだけでなく、付属のトラベルポーチと製品パッケージもオリジナルデザインとなっています。起動音はR2-D2ボイスが流れる特別仕様。

スターウォーズ作品をはじめとしたディズニーブランドのコンテンツを多数配信している「Disney THEATER」がプリインストールされています。

Anker Nebula Capsule llは、Android TVを搭載したモバイルプロジェクターでYouTubeやAmazon Prime Video、Netflix等をアプリを通して投影可能。解像度は1280x720画素で輝度 200ANSIルーメン(明るさの平均値)。搭載されているスピーカー出力は8W。サイズ約150x Φ80mm で、重さは約740gです。

バッテリーはローカルコンテンツの動画を約3時間再生可能で、音楽は約10時間再生可能。充電時間は約2.5時間です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: anker, av, MobileProjector, projector, r2-d2, StarWars
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents