DQウォークが楽しすぎてふくびき課金が止まらない|ベストバイ2019

基本プレイ無料でもベストバイ

砂流恵介(Keisuke Sunagare)
砂流恵介(Keisuke Sunagare), @nagare0313
2019年12月24日, 午後 06:45 in bestbuy2019
35シェア
Engadget

こんにちは。ライターの砂流(すながれって読みます)です。

2019年に買って良かったベストバイを紹介する企画で、アクションカメラの「Insta360 GO」と、TIMBUK 2の「Never Check Expandable Backpack」を紹介しました。そして今回紹介するのが「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク)」です。

「基本プレイ無料のゲームがなんでベストバイなんだよ!」的なつっこみがとんできそうですが、初日にウン万円課金をしてガチャを回した結果、僕を「盾の勇者」にしてくれたドラクエウォークはベストバイ以外の何者でもありません。

ということで、ここからは盾の勇者になったその後の話(主にガチャ)をしていきます。はじめに一言。ドラクエウォークをエンジョイしているというコラムなので、この記事を読んでも攻略の手がかりとか経験値が上がるみたいな得るものは何もありませんのでご了承ください。

■Engadgetベストバイ2019
Engadget
Engadgetのライター陣が2019年にベストだと思ったスマホやカメラ、デジタルガジェットを一挙紹介するベストバイ企画を展開中です。年末年始のお買い物の参考にドウゾ!ベストバイ記事の一覧は下記のリンクからご覧いただけます。
https://japanese.engadget.com/latest-reviews/

秋から冬になり寒さが厳しくなっていますが、皆さんは変わらずドラクエウォークを遊ばれていますでしょうか? 僕は『ポケットモンスター ソード・シールド』の発売や、ロマサガRSの1周年が盛大すぎるなどの誘惑に多少流されたりはしましたが、今も変わらず毎日ログインをして楽しく遊んでいます。

ドラクエウォークのアップデートというか、機能改善の速さは凄いですよね。ウォークモードの詳細設定やパーティの切り替え機能など、ユーザーのニーズに応えてどんどん実装してくるのは素直に凄いなぁと思いますし、いちユーザーとして嬉しいです。当初はドラクエウォークの魅力は冒険に出る楽しさだと思っていましたが、最近は機能改善や新機能搭載の速さも魅力でしょう。

Engadget
この記事を読む前に、僕が「自称:盾の勇者」として冒険に出ることになった経緯は下記の記事をぜひ読んでいただきたいのですが、ざっくりした要約も載せておきます。

ドラクエウォークで初めてひいた10連のふくびきで☆5装備「メタスラの盾」をひいた僕。どうせだったら「メタスラの剣」や「メタスラのやり」といった強力な武器が欲しいと思い、課金を決意。その結果やってきたのはまたしても「メタスラの盾」。もう後に引けなくなった僕はそこから怒濤の課金を行い...「メタスラの盾」が4つ揃うという奇跡を起こし自称:盾の勇者として冒険をはじめることに。

相変わらずガチャ運は悪い

Engadget

あれから3か月。相変わらずガチャ運は悪いです。上記の画像は天空装備のふくびきと、ロザリー装備のふくびきをひいたときのもの。どちらも☆5は出ず、仲間内のLINEグループでは、「さすが」とイジられるレベル。こんな感じなので、みんなが憧れる「ロトのつるぎ」や「天空のつるぎ」などは引けていません。ピックアップされた武器で持っているのは「ドラゴンロッド」のみです。

ロト装備に関しては10連スタンプの最後までスタンプを集めて「ピックアップ確定」までやったんですけどね。きたのは「ロトのかぶと」でした。

Engadget

いっぽう、名は体を表すとは良く言ったもので、盾装備だけは充実しています。こちらが現在の盾の様子です。「メタスラの盾」4つ以外にも、「ルーンバックラー」と「王者の盾」が3個、おやぶんの大盾は8個という充実ぶり。右側のよろい上と比べるといかに盾が偏っているかがお分かりいただけると思います。ほんとなぜだか盾だけは出るんですよ。

Engadget

▲竜の財宝装備のガチャで60連目の☆5確定をひいた結果「王者の盾」を迎えたときのLINE。本当にほしかったのは「ドラゴンシールド」。

正直に書くと、サービスがはじまってからウン万円×3くらいは課金をしたと思います。でも、☆5は出ないし、☆5が出ても盾が大半というのが現実です。いや、盾が出るのは嬉しいんですよ。曲がりなりにも、盾の勇者を名乗ってもいますし、いくらあっても足りないくらいです。

でも...、でもですよ。せっかく課金までしているんだから、りゅうおう戦のときは「ロトのつるぎ」でギガスラッシュを浴びせたいし、ギガデーモンや究極エビルプリースト相手に「天空のつるぎ」で戦いたいじゃないですか。盾の勇者だって、いや、盾の勇者だかこそそれくらいの夢は見たい。たまには憧れの眼差しを浴びたいんです。

ふぅ。

ただ、そうそううまく行かないのが世の常。ガチャ運がいい人は無課金でも「ロトのつるぎ」を複数本持っていたり、10連のうち☆5が5個みたいな奇跡を起こしたりしますが、僕みたいにガチャ運が悪い人はいくら引いてもダメなものはダメ。悲しいけどこれが現実なんですよね。

そこで僕はあることを思いつきます。

■ガチャを友だちに託すという選択

Engadget
それは「ガチャを友だちにひいてもらう」こと。しかも、ガチャ運がとびきりいい友だちに。

ということで僕は、10連ガチャのほとんどで☆5を引き当て、その多くが武器であることから「チーター」というあだ名がついている友だちにガチャを引いてもらうことにしました。

その結果、30連で☆5装備「グレートアックス」が2個、☆5装備「クリスタルクロー」を1個引き当てる奇跡がおきます。ピックアップ装備こそこなかったですが、確実に☆5の武器を引いてくる当たりはさすがで、僕はそれからその友だちにガチャを託すようになりました。

Engadget
▲先日ひいてもらったときのもの。ピックアップこそでないものの名刀斬鉄丸は合計3本に。

友だちにガチャをひいてもらう運用に変えて1か月ほどが経ちますが、けっこう良いことだらけです。ガチャ運が悪い人、あと、ついついガチャをたくさん引いてしまう人におすすめします。

友だちにガチャをひいてもらうメリット

①友だちと会うまでガチャを引かないので無茶な課金をしない
②ガチャをひいてもらうときも、画面を客観的に見ているので冷静になれる
③良いものをひいてもらったら「まじ感謝!」と思うし、結果がダメでもあきらめがつく
④友だちと一緒にドラクエウォークをプレイする時間が増える

などです。僕は新しいガチャが出る度にすぐひいていたのですが、友だちにひいてもらうようになってからは、会うまでひけないので余計な課金がなくなりました。また、画面を客観的に見ていると冷静になれるのは自分的には発見で、「もうあとに引けないから課金する」みたいなこともなくなりました。

あと、何より良いのが、友だちと一緒にドラクエウォークをプレイする時間が増えること。やっぱり一緒に遊んだほうが盛り上がるし、楽しいです。ということで僕は今も友だちにガチャを託しています。ガチャ運悪い人は、ものは試しだと思って一度やってみてください。

Engadget▲仮に結果がダメだったとしてもそれが笑いになります

LINEで専用のグループを作るのもおすすめ

僕は画像にあるとおりドラクエウォークについて日々語り合っているLINEグループがあります。ガチャをひいた報告とか、モンスターのこころでSをとったとか、今回の新イベントはどうだとかを語り合っているのですが、一緒に盛り上がれる仲間がいると楽しさが倍増しますよ。

ということで、2019年に買って良かったものを紹介するベストバイで「ドラゴンクエストウォーク」を紹介しました。2020年のはやいタイミングで上級職がきてくれますように。



■Engadgetベストバイ2019
Engadget
Engadgetのライター陣が2019年にベストだと思ったスマホやカメラ、デジタルガジェットを一挙紹介するベストバイ企画を展開中です。年末年始のお買い物の参考にドウゾ!ベストバイ記事の一覧は下記のリンクからご覧いただけます。
https://japanese.engadget.com/latest-reviews/

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: bestbuy2019, DQ, dqwalk, Dragon Quest Walk, DragonQuest, dragonquestwalk
35シェア