iPad、買うならProか無印10.2型か

3万円台というコスパの良さに驚愕

井上晃(AKIRA INOUE)
井上晃(AKIRA INOUE)
2019年12月26日, 午前 10:30 in apple
0シェア
FacebookTwitter
ITコンシェルジュ
2019年発売された製品を紹介する上で、10.2型のiPadは外せません。僕自身は11インチモデルのiPad Proを使っているので、購入こそしませんでしたが、これからiPadを買う人にとっては有力な選択肢です。数年前、12.9インチの初代iPad Proを購入し、取材・執筆業務の大部分をiPadで完結させていました。当時は今のようなiPadOSではなかったので、ドラッグアンドドロップ操作もありませんし、ファイル操作もDocuments by Readdleのようなサードパーティのアプリが必須で、何かと苦労したものです。報道発表会のプレス席で、12.9インチのiPadを開いている報道陣はほぼおらず、1年ぶっ通しでiPad Proを根気強く開いていた変人は僕くらいだったのではないか、とさえ思うほどでした。

その後、iPad Proもアップデートを繰り返し、IT・ガジェット系の報道発表会では、iPadを開いて取材する人もどんどん増えました。2019年になると、モバイル関連の発表会によっては1/3くらいの報道陣が11インチのiPad Proを開いていることさえあって、時代は変わったなぁ、と感じています。カフェで作業していても、社会人や学生がiPadを開いていますし、空港のラウンジにも必ずと言って良いほどiPad Proを使っている人を見かけます。

ITコンシェルジュ
こんな変遷から、iPad Proシリーズが"ノートPCの代用"として、ある程度の市民権を得たと感じるわけです。もちろん完全な置き換わりにはなりませんが、OSやアプリがこなれてきて、ブラウンジングやメールチェック、スケジュール管理などだけでなく、ビジネスシーンでのファイル管理や資料作成などもストレスなく行えるようになったことが大きいと思います。

こうしたiPad Proの特権だった、Apple PencilとSmart Keyboard(あるいはSmart Keyboard Folio)ですが、既に最新モデルのiPad AirとiPadでも使えるようになっています。既報でもすでに書いているので詳細は省きますが、特に9月に発売された第7世代の10.2インチiPadは、コストパフォーマンスの面で注目すべきところです。なんせWi-Fiモデルなら、本体価格は3万4800円(税別)〜ですからね。

ITコンシェルジュ

筆者としては、予算が十分にあり、屋外へ持ち運んでApple Pencilをガンガン使うならば、iPad Proシリーズを購入すべきだと思います。一方、Apple Pencilは室内限定でたまに趣味のお絵かきに使用し、屋外ではキーボードをメインにPCライクに運用したいという人は「iPad」でも大丈夫だと思います。そろそろ購入を検討しようかという場合には、こうした基準を頭の済みに置きつつ、それぞれどんな特徴があるのかを調べてみて欲しいと思います。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, ipad, ipad pro, ipados, ios
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents