コンパクトに折り畳めてLEDライト付き、最強の自撮り棒を見つけました|ベストバイ2019

Ayano Tominaga
Ayano Tominaga, @AyanoTDO
2019年12月26日, 午前 12:30 in bestbuy2019
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。


私のベストバイはLEDライト付き自撮り棒です。この自撮り棒のおすすめポイントは3つあります。

①コンパクト
Engadget
▲Galaxy Note10+と比べるとこんな感じ


折りたたみ時はとてもコンパクトなので化粧ポーチに入れて持ち運ぶことができます。自撮り棒が必要なタイミングはいつ何時訪れるか分からないので、このコンパクトさが活きてきます。


②デザインがかわいい
Engadget

量販店や観光地で売られている自撮り棒は1000円程度で安いのですが、見た目がかわいくないんですよね。毎日持ち運ぶものならやっぱりかわいいものがいいですからね。

③便利で高性能

Engadget
まずLEDライトについて。スマホを挟むホルダー上部にLEDライトがあって、ボタンを押すと光ります。明るさは3段階で調整可能です。「LEDライトはいらないんじゃない?」なんて思うかもしれませんが、日中の外で自撮りをするぶんには必要ありません。

しかし、忘年会や新年会などのパーティーシーンなど、自撮りするっていうシーンは室内が意外と多いです。店内のライトでは光量が足りないという場面に陥ってしまうかもしれません。これ1台で自撮りライトいらずです。

Engadget
また、スマホのホルダー部分にも注目です。ホルダーの上部に2つ引っかかりがあり、しっかりと固定してくれます。これまで使用してきた自撮り棒の中でも随一の安定感で、6.8インチのGalaxy Note10+も余裕で装着できました。

もちろんBluetooth接続も可能なので、自撮り棒のボタン操作でシャッターが切れます。ボタンの配置も素晴らしいです。下のボタンはLEDライトで、上はがシャッターボタンとなっています。畳んだ時にも穴が空いていて、シャッターボタンを押せるのです。これにより、自撮り棒が届かない範囲でも三脚などで固定して遠隔からシャッターが切れるのです。

日本のAmazonでも1500円ぐらいで買えます!自撮りの頻度が高い方は是非ご購入を検討してください。

■Engadgetベストバイ2019
Engadget
Engadgetのライター陣が2019年にベストだと思ったスマホやカメラ、デジタルガジェットを一挙紹介するベストバイ企画を展開中です。年末年始のお買い物の参考にドウゾ!ベストバイ記事の一覧は下記のリンクからご覧いただけます。
https://japanese.engadget.com/latest-reviews/
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: bestbuy2019
0シェア
FacebookTwitter