Sponsored Content

NTT東日本が総務省に「ローカル5G」の無線局免許を申請。企業向けの検証環境で5Gの活用法を探る

NTT東日本は東大と共同で「ローカル5Gオープンラボ」を設立予定

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2019年12月25日, 午後 05:20 in 5g
48シェア
NTT
2019年12月24日、NTT東日本は「ローカル5G」の無線局免許申請を総務省に行いました。

「ローカル5G」は、許可を受けた建物・エリアのみで5G回線が使用できるローカルエリア限定の通信規格です。特定の通信業者だけでなく、一般企業や自治体も申請・参入可能なため、幅広い分野での活用が期待されています。しかし、どのように活用したらいいのか悩む企業が多いのも確かです。

そこでNTT東日本と東京大学は、企業にローカル5Gの検証環境を提供する「ローカル5Gオープンラボ」を共同で設立。東大の本郷キャンパスと調布にあるNTT東日本の研修施設をローカル5Gのエリアにし、企業と協力してローカル5Gの活用方法を探ります。また、NTT東日本の「スマートイノベーションラボ」とも連携し、AIによるデータ解析も可能にするとしています。

「ローカル5Gオープンラボ」の利用開始は2020年2月を予定。現在同ラボでは、ローカル5Gを活用したいという企業を募集しています。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: 5g, 5g network, inovation, Local 5G, Local Area Network, ntt, technology, tokyouniversity
48シェア

Sponsored Contents