これがファーウェイP40/P40 Proか。非公式のシルエット風画像が公開される

革新的……!?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年12月26日, 午後 12:00 in smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Huawei P40/P49 Pro
中国ファーウェイの次期フラッグシップスマートフォン「P40/P40 Pro(仮称)」。その予測画像(シルエット風)が、海外サイトにて公開されています。

今回の画像は、海外テックサイトの91mobilesと著名リークアカウントの@OnLeaksが掲載したもの。十分な情報がないせいか、公開された画像はシルエット風の処理がなされており、細部がはっきりとしていません。その背面には四角いカメラ突起が存在しています。なお、上の画像がP40(無印)、下画像が上位モデルのP40 Proとされています。

Huawei P40/P49 Pro

91mobilesによれば、P40には4個のカメラモジュールが搭載されるそう。一方でP40 Proのカメラ数に関しては正確な情報はありませんが、ウワサとして5個のカメラが搭載されるとの話を伝えています。

さらにリーク情報によれば、P40シリーズでウワサされていた「デザイン的な特徴」は、画面側のメタルフレームにあるとのこと。
コーナー部分がせり上がり、ディスプレイを包み込むような新しいデザインを取り入れているというわけです。

Huawei P40/P40 Pro

事前情報によれば、P40は6.1〜6.2インチのフラットディスプレイを、そしてP40 Proは6.5〜6.7インチのカーブディスプレイを搭載。
プロセッサは5G通信に対応したKirin 990で、P40 Proのカメラ構成は6400万画素メイン+2000万画素超広角、1200万画素のペリスコープ式望遠、マクロ、ToFセンサーになるとのこと。また、OSにはAndroid 10ベースのEMUI 10が採用されます。

P40シリーズについては、3月末に発表されることがすでにファーウェイの重役によるインタビューで語られています。同インタビューでは「誰も見たことのないデザインになる」とも伝えており、そのうちの一部に、予測レンダリング画像のような新デザインのフレームが含まれているのかもしれません。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, huawei, huaweip40, huaweip40pro, smartphone, smartphones
0シェア
FacebookTwitter