today40本ものゲームが詰め込まれた「NEOGEO mini」は2018年の7月に登場し、レトロゲーム・アーケードゲームファンが歓喜しましたが、さらに遡る事約5年半、20本のゲームを内蔵した携帯型NEOGEOとして登場していたのが「NEOGEO X」です。

このNEOGEO Xに据え置きドックやスティックがセットになった「NEOGEO X GOLD ENTERTAINMENT SYSTEM」が発売されたのが、2012年の今日です。元々12月6日に全世界発売とされていましたが発売日が遅れ、海外では18日、日本では28日となりました。

ユニークなのは、後から追加ゲームカードとして「NEOGEO X Classics」が発売されたこと。全5種類、合計15本を楽しむことができました。ただし、内蔵のものも含めゲームはすべて英語。格闘ゲームが多いこともあって、それほど困らないとは思いますが。

today

ちゃんとSNKプレイモアとライセンス契約が行われた製品だったはずですが、2013年の10月にSNKプレイモア側がライセンス契約の終了を発表。製造・販売していたTommo社は反論していましたが取り合ってもらえず、最終的に契約解除は覆りませんでした。

SNKプレイモアのリリース(PDF)を見ると、契約解除の商品一覧と共に「【単体商品「アーケードスティック」(不正商品)】」という記述があります。どうやら契約外となる「アーケードスティック」を単体販売していたのが原因のようですね。

today

12月28日のおもなできごと

2006年、AOpenがキューブ型ベアボーン「XC Cube EZ965」を発売
2012年、Tommoが「NEOGEO X GOLD ENTERTAINMENT SYSTEM」を発売
2012年、Android採用ゲーム機「OUYA」開発者向けモデルの出荷開始
2016年、DMM.comが「はちま起稿」を運営していたことを認める
2017年、アップルが「電池劣化iPhoneの意図的な低速化」について謝罪