α7R IV
筆者は今年買った製品で「α6400」をベストバイとして取り上げてますが、α6400でカメラの楽しさを知ってしまったため、初心者に毛の生えた程度のおっさんが、9月に発売された「α7R IV」に手を出してしまいました。6100万という圧倒的解像感が超絶魅力のこのカメラですが、手にした瞬間からずぶずぶと沼にハマっていく感覚に陥ってます。

α7R IV
▲夜での撮影だが、ケーブル1本1本の解像感もバッチリ。手持ち撮影でレンズはタムロンの「Model A036(28-75mm F/2.8 Di III RXD)」。焦点距離28mm、f/2.8、1/30秒、ISO 500。クリックすると拡大します(サイズでかいので注意)。


Gallery: α7R IV作例 | of 8 Photos

  • α7R IV
    α7R IV
  • α7R IV
    α7R IV
  • α7R IV
    α7R IV
  • α7R IV
    α7R IV
  • α7R IV
    α7R IV
  • α7R IV
    α7R IV
  • α7R IV
    α7R IV
  • α7R IV
    α7R IV

購入から約3か月。正直まだまだα7R IVの機能を使いこなしてはいないのですが、撮影するたびに勉強し、改善して次に活かすという繰り返しです。

メインで使っているレンズは、タムロンの「Model A036(28-75mm F/2.8 Di III RXD)」。手ブレ補正がレンズについていないので、本体に手ブレ補正を搭載していないα6400だとちと厳しいのですが、α7R IVなら評判どおりの実力を発揮してくれてます。

α7R IV
▲「α7R IV」とタムロンの「Model A036(28-75mm F/2.8 Di III RXD)」の組み合わせ。

前回レビューしたあと、運動会とか某撮影会などに参加しておりますが、「SEL70200GM(FE 70-200mm F2.8 GM OSS)」と組み合わせた運動会では、超高解像度の威力を思い知りました。



小学校の運動会となると校庭も広いので、200mm程度ではなかなか寄れません。強制的にAPS-Cモードにして焦点距離を伸ばすことができ、それでもα6400より解像度は高い約2620万画素(6240×4160ドット)なので、α6400より良いも結果になります。

でも、そんなことしなくてもα7R IVの6100万画素(9504×6336ドット)なら、そこからトリミングしても十分な解像度なので、意外とこれでいけちゃいます。高速AFとリアルタイムトラッキングのおかげで、ピントもバッチリ。これはヤバいです。

α7R IV
▲運動会での撮影サンプル。レンズは「SEL70200GM(FE 70-200mm F2.8 GM OSS)」を使用。焦点距離200mm、f/4、1/1000秒、ISO 100。クリックすると拡大します(サイズでかいので注意)。

α7R IV
▲運動会のサンプルその2。横位置で撮影したものをトリミングしても十分な解像度(2890×4246ドット)。焦点距離200mm、f/4、1/800秒、ISO 100。クリックすると拡大します。

逆に(?)、あまりの解像感のため、肌の質感や産毛、衣服の繊維などもクッキリ。4Kディスプレイの画面いっぱいに広がります。人物撮影だと詳細に写りすぎて、結局肌をぼかしたりする修正の手間が増えるかもしれません。

あと、メモリーカードは前回UHS-I対応のもの(リード100MB/s、ライト90MB/sの製品)でも十分と書きましたが、連写って無意識のうちにやっていたりするので、やはりUHS-II対応のものを選ぶことをオススメします。

ソニーのTOUGHシリーズ「SF-G128T」(128GB、リード300MB/s、ライト299MB/s)を買いましたが、さすがに高いので筆者はプログレードデジタルの製品を使っています。書き込み速度の速い製品を選んだほうがベターです。「SDXC UHS-II V90 300R」なら書き込み速度が250MB/sなのでオススメです。Amazonなら128GBが1万9999円で、いまなら5000円引きで手に入ります。

α7R IV
▲左はUHS-I対応でα6400で使用中。真ん中2つはプログレードデジタル。CrystalDiskMark 7.0.0の計測で左がシーケンシャルリード263MB/s、ライト148MB/s、右が同じくリード287MB/s、ライト218MB/s。いちばん右がソニーの「SF-G128T」。同じくリード285MB/s、ライト240MB/s。プログレードデジタルの製品は、表記速度より速いのでコスパ的にもよい。

最近、縦型グリップも手に入れ、本体の重量は重くなりましたが、使い勝手的には良くなりました。バッテリーの持ちも十分で、8000枚撮ってやっとなくなるくらい(RAW圧縮のみ保存・連写多様時)。縦型グリックは2つバッテリーが入るので、かなり余裕です。

α7R IVα7R IV
▲横位置でもグリップが伸びるので、より持ちやすい。

α7R IV
▲バッテリーは2本入り、バッテリーが0になったら自動的に切り替わる。

α7R IVやアクセサリーは、Amazonとかで買うより意外とソニーストアで購入のほうが安かったりします。α7R IV は約40万円もするというと、初心者に毛が生えたレベルだとちょっと躊躇しちゃいますが、分割払いが手数料0で購入できますし、24回払いで月々1万6100円! それでこのカメラが手に入るなら、買わないほうが後悔することになりますよ。


Gallery: α7R IV作例 | of 8 Photos

  • α7R IV
    α7R IV
  • α7R IV
    α7R IV
  • α7R IV
    α7R IV
  • α7R IV
    α7R IV
  • α7R IV
    α7R IV
  • α7R IV
    α7R IV
  • α7R IV
    α7R IV
  • α7R IV
    α7R IV





■Engadgetベストバイ2019
Engadget
Engadgetのライター陣が2019年にベストだと思ったスマホやカメラ、デジタルガジェットを一挙紹介するベストバイ企画を展開中です。年末年始のお買い物の参考にドウゾ!ベストバイ記事の一覧は下記のリンクからご覧いただけます。
https://japanese.engadget.com/latest-reviews/