Appleやソニーも参戦? 折りたたみスマホの2020年以降を占う

折りたたみXperiaも見てみたい

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年12月28日, 午前 11:13 in mobile
66シェア
Foldable Smartphones

今年に入り、多くの折りたたみスマートフォンが発表/発売されました。

その形状は外折り、内折り、縦折りとさまざまです。

今後、折りたたみスマートフォンはどのような進化を遂げるのでしょうか?

基本スタイルは外折りと内折り


Foldable Smartphones

折りたたみスマートフォンで最初に名をあげたのは、意外にも中国メーカーのROYOLEによる「FlexPai」でした。2018年11月に発表されたFlexPaiは、7.8インチディスプレイを外側に折り曲げる「外折りスマートフォン」に分類されます。折りたたんだ状態では画面の間に大きな隙間ができ、またデイスプレイにも目立つシワが発生するなど、その完成度は低かったものの、市場に大きなインパクトを残しました。

その後に発表されたのが、韓国サムスンの「Galaxy Fold」と中国ファーウェイの「Mate X」です。Galaxy Foldは7.3インチのディスプレイを内側に折りたたみ、さらに折りたたみ状態でもサブディスプレイでスマートフォンが操作できる意欲作。そしてMate XはFlexPaiと同じ、外折りスマートフォンとなります。


縦折りスマートフォンが次のブームに?


Foldable Smartphones

そんな中、モトローラは今年11月に「RAZR」を発表します。RAZRは上記のスマートフォンとは異なり、6.2インチ画面をフリップケータイ(ガラケー)のように収納できる「縦折りスマートフォン」。これにより、折りたたみ状態では手のひらサイズのコンパクトなサイズ感を実現しています。

またモトローラだけでなく、サムスンも来年には縦折りスマートフォンを投入することがされており、すでに同社はそのコンセプトも公開しています。またサムスンは、外折りタイプのスマートフォンの特許を出願していることも判明しています。

それだけでなく、中国シャオミZTEも縦折りスマートフォンに関する特許を出願しています。2020年には、新たな縦折りスマートフォンが登場する可能性が高いといえそうです。

三つ折りスタイルのイノベーションに期待


Foldable Smartphones

一方で製品は未発表ですが、今後の登場が期待されているのが三つ折りスマートフォンです。上の画像は中国シャオミが投稿した、三つ折りスマートフォンのコンセプト端末。画面の両端を後ろ側に折りたたむことで、コンパクトなサイズにその姿を変えることができます。

三つ折りスマートフォンのメリットとしては、端末の両端にカーブディスプレイが位置することから、デザイン性の高さがあげられます。ただしヒンジ部分が増えることで、ディスプレイの耐久性や製品コストの上昇といった難点が存在することも想定されます。

また、三つ折りスマートフォンでもファーウェイが特許を出願しており、こちらも複数社からの製品投入が期待できそうです。

ソニーも縦折りスマートフォンに参入か。Appleの参入で市場が確立?

Foldable Smartphones

さらに、ソニーや米アップルからの折りたたみスマートフォンの投入も期待されています。

噂情報によれば、ソニーは来年に折りたたみスマートフォン「Xperia F(仮称)」を投入することが期待されています。これは、アスペクト比21:9の縦長ディスプレイを搭載し、モトローラのRAZRのような縦折りスマートフォンになることが予測されます。

そしてアップルも、折りたたみスマートフォンに関する特許を出願しています。特許イラストからは、同社が二つ折り、あるいは三つ折りできる端末を検討していることがうかがえます。現在のような全面ディスプレイを搭載したスマートフォンが「初代iPhone」で確立されたように、アップルが市場に参入すれば、折りたたみ端末はスタンダードなスマートフォンの一つとして、消費者に受け入れられることが期待できそうです。

近年のスマートフォンでは店頭で映える大型ディスプレイの搭載が一般的になっている一方で、持ちにくさや操作のしづらさを指摘する声もあります。そんな中で登場した折りたたみスマートフォンは、持ち運びのしやすさと大画面を両立できる、画期的な技術と言えるでしょう。今後数年間は2つ折り、あるいは3つ折り、はたまた縦折りなど、最適な形状の模索が続くでしょうが、さらなるスマートフォンの普及のために貢献してくれることは間違いなさそうです。

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: android, foldable, mobile
66シェア