サムスンの次期旗艦スマホは「Galaxy S20」か、S11はスキップとの噂

iPhone 11シリーズとかぶりますしね

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年12月27日, 午後 06:10 in android
34シェア
Galaxy S20 S11

韓国サムスンが2020年に投入するフラッグシップスマートフォンの名称が「Galaxy S20」になるとの情報が、海外から伝えられています。


この噂は、著名リークアカウントのIce universeがツイートしたものです。また同アカウントは続けて、Galaxy S20は新たなスタート(new beginning)になるとも伝えています。

この情報の正確性を裏付けるものはありませんが、ライバルとなる米アップルは2019年にiPhone 11を投入しており、その後に仮に「Galaxy S11」を発表しても、消費者に新製品であることをアピールしづらい、という懸念も想定されます。

さらに以前には著名リークアカウントのEvan Blassが、2020年にはGalaxy SシリーズとNoteシリーズが統合され、「Galaxy One」という新ブランドが誕生すると伝えたこともあります。今回のGalaxy S20の噂とは若干方向性が異なりますが、これもサムスンがブランディングの変更を検討している証拠の一つかもしれません。

事前情報によれば、Galaxy Sシリーズは来年2月頃に発表され、画面上部中央のパンチホールカメラや、背面の四角いカメラ突起など、新たなデザインが採用されます。さらに上位機種の「Galaxy S11+(仮称)」では、約1億画素カメラやペリスコープカメラの搭載など、撮影性能も大幅に強化されることが噂されています。

スマートフォンの名称はモデルナンバーを大きくするだけでなく、戦略的に決定される場合も珍しくありません。この答えあわせは、来年のサムスンによるイベント開催を待つ必要がありそうです。

 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: android, galaxy, Samsung, smartphone
34シェア

Sponsored Contents