Sponsored Content

iPhone2020年モデルは6つ?SE2(仮)が2タイプ発売のうわさ

iPhone SE2 PlusなのかiPhone 9 Plusなのか

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年01月3日, 午後 12:10 in a13bionic
86シェア
iPhone
2020年春には小型かつLCDディスプレイ搭載のiPhone SE2(仮)が発売されると見られていますが、もしかすると1モデルだけではないかもしれません。台湾の業界情報メディアDigiTimesが、年末までに2番目のバージョンが発売される可能性があると報じています。
DigiTimesのサプライチェーン情報によると、アップルは2020年のiPhoneラインナップにもう1つ「LCDベースのモデル」を加える可能性が高いとのことです。この新型モデルの画面サイズは5.5インチまたは6.1インチであり、2020年末または2021年までに発売されると伝えられています。

アップルのインサイダー情報に定評あるアナリストMing-Chi Kuo氏は、iPhone2020年モデルは5種類と予測しています。その内訳は4.7インチLCD画面のiPhone SE2と、有機EL画面の5.4インチ/6.1インチ(2タイプで背面デュアルカメラとトリプルカメラの違い)/6.7インチとされていました。

しかしDigiTimes報道では、「iPhone」の組み立てを担当する一部サプライチェーンメーカーは、「6つのアイテム」の生産を示すロードマップを受け取ったとのことです。具体的には台湾に拠点を置くドライバーICバックエンド企業のChipbond Technologが、LCD版iPhone両方についてCOFパッケージング注文を獲得したと述べられています。

iPhone SE2はiPhone 8をベースに、4.7インチLCD画面やTouch ID、背面シングルカメラはそのままに、最新プロセッサーA13 Bionicやメモリ3GBを搭載したリニューアル版と見られています。すなわち4インチ画面のiPhone SEよりもiPhoneからiPhone 8までを継承する存在となるため、実際の製品名は「iPhone 9」かもしれないとの声もあります

アップルも戦略的に大ヒットしたiPhone 6およびiPhone 6sユーザーに買い換えを促すデバイスに位置づけていると言われています。だとすればiPhone 6 PlusやiPhone 6s Plusのような5.5インチ版を追加することが、幅広いユーザーへの間口を用意する意味でも自然な展開とも思われます。

先のMing-Chi Kuo氏も「iPhone SE2 Plus」として、DigiTimesと同様のデバイスを予測しています。ただし発売時期は「2021年の早い時期」とされ、少しズレがあるかたちです。

5.5インチや6.1インチともなればiPhone SEの手のひらサイズとは縁もゆかりもないデバイスといえますが、特に背面カメラや有機ELディスプレイにはこだわらない、最新ゲームがストレスなく遊べるプロセッサーとそこそこ大きな画面が欲しい人には食指が動く選択肢となるかもしれません。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: a13bionic, apple, applerumor, iphone, iphonese2
86シェア

Sponsored Contents