レノボ、世界初の5G対応ノート Yoga 5G 発表。1499ドルで2020年春に発売

「世界初の5G対応PC」としてはむしろお買い得、かも

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2020年01月7日, 午前 08:30 in 5g
0シェア
FacebookTwitter
Lenovo

CES 2020合わせで発表されたレノボのPC新製品群。その中でもモバイラーに向けたモデルが、14インチタブレット兼用ノートPC『Yoga 5G』です。米国での発売時期は「2020年春」、価格は1499ドルから。本体重量は約1.3kg。

最大の特徴はモデル名が直球で主張する通り、5G通信に対応した世界初(レノボ調べ)のノートPCとなる点。また心臓部となるSoCには、クアルコムがPC用として設計した『Snapdragon 8cx』を搭載。OSとしてARM版Windows 10を導入した、いわゆる「WOS(Windows on Snapdragon)」モデルでもあります。

Gallery: レノボ Yoga 5G | of 6 Photos

  • Lenovo Yoga 5G laptop hands-on at CES 2020
    Lenovo Yoga 5G laptop hands-on at CES 2020
    Image Credit: Chris Velazco / Engadget
  • Lenovo Yoga 5G laptop hands-on at CES 2020
    Lenovo Yoga 5G laptop hands-on at CES 2020
    Image Credit: Chris Velazco / Engadget
  • Lenovo Yoga 5G laptop hands-on at CES 2020
    Lenovo Yoga 5G laptop hands-on at CES 2020
    Image Credit: Chris Velazco / Engadget
  • Lenovo Yoga 5G laptop hands-on at CES 2020
    Lenovo Yoga 5G laptop hands-on at CES 2020
    Image Credit: Chris Velazco / Engadget
  • Lenovo Yoga 5G laptop hands-on at CES 2020
    Lenovo Yoga 5G laptop hands-on at CES 2020
    Image Credit: Chris Velazco / Engadget
  • Lenovo Yoga 5G laptop hands-on at CES 2020
    Lenovo Yoga 5G laptop hands-on at CES 2020
    Image Credit: Chris Velazco / Engadget


Lenovo Yoga 5G
同機は、2019年5月に台湾で開催された『COMPUTEX TAIPEI 2019』にて展示された"Project Limitless"の製品版という位置づけ。

またレノボのWOSモデルとして見れば、本機は現行の『Yoga C630』に続く機種。5G対応を果たしたのみならず、搭載SoCもC630のSnapdragon 850から強化されたモデルという位置づけにもなります。


注目の5G通信機能は、ミリ波帯とサブ6GHz帯の両方に対応。さらにレノボ側は本体の無線通信アンテナとして9本を搭載することで、安定した高速通信をアピール。「最高4Gビット/秒でのダウンロードが可能」と謳います。

またバッテリー駆動時間は、公称(本体側に保存した動画の連続再生時)で24時間。Snapdragon搭載機らしい長時間駆動となっています。

画面はフルHD解像度のIPS液晶、輝度400nit(ニト)の仕様。レノボのタブレット兼用(2-in-1)モデルらしく、Yogaヒンジこと360度ヒンジを搭載します。また画面はタッチのみならず、スタイラスペンでの入力にも対応します(本体付属かは現時点では不明)。さらに生体認証機能として、Windows Hello対応の顔認証と指紋認証の双方に対応します。



本体デザインはYoga C630をベースにしたもの。ただしそのままではなく、右側面に機内モード用のスライドスイッチを搭載するなど、よりモバイラーを意識した仕様となっている模様。また写真で確認する限り、C630で左右1基ずつだったUSB Type-C端子は、左側に2基が集中する形となっています。

またレノボ側がアピールするのが、温度管理に関して。リリース文書では「eliminating the need for a noisy fan」と記載されていることから(やはり)ファンレス設計と思われますが、加えて「ソフトウェアでのインテリジェントな温度管理機能」の搭載が紹介されています。

Lenovo Yoga 5G


このようにYoga 5Gは、5G対応ノートPCとして、また最新世代のWOSタイプPCとして相応の性能水準を備えたモデルと呼べそうな存在。

価格は1499ドルからと決して安価ではありませんが、実はC630でも、EU圏での価格は999ユーロ(約12万円)、日本では14万4800円(税別)とほぼ同じでした。今回は「世界初の5G対応ノート」という冠が付くことを考えると、考えようによってはお買い得にも思える一品です。


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 5g, CES2020, lenovo, lenovo yoga, LenovoYoga, mobile, note pc, personal computing, personalcomputing, snapdragon, windows10, yoga 5g, yoga5g
0シェア
FacebookTwitter