トヨタ、静岡に新都市「コネクテッド・シティ」建設 最新技術を実証

東京ディズニーランド1.5個分の面積

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年01月7日, 午前 11:23 in toyota
0シェア
FacebookTwitter
engadget
CES 2020に出展しているトヨタ自動車は、静岡県裾野市に最新技術の実証都市「コネクテッド・シティ」を建設すると発表しました。同都市は「Woven City」と命名し、2021年初頭より着工します。

「Woven City」は、デンマーク出身の著名な建築家でビャルケ・インゲルス・グループのCEOを務めるビャルケ・インゲルス氏が都市設計を担当。同氏はニューヨークの第2ワールドトレードセンターやGoogleの新本社屋を手掛けた人物でもあります。

当初は2020年末に閉鎖する東富士工場跡を利用。将来的には175エーカー(東京ドーム15個分・東京ディズニーランドの1.5個分)の範囲で街づくりを行います。

自動運転車専用路も整備

発表で明かされた都市構造は次の通りです。

Woven Cityでは、街を通る道を次の3つに分類し、それらの道が網の目のように織り込まれた街路を構築します。
  • スピードが速い車両専用の道として、「e-Palette」など、完全自動運転かつゼロエミッションのモビリティのみが走行する道
  • 歩行者とスピードが遅いパーソナルモビリティが共存するプロムナードのような道
  • 歩行者専用の公園内歩道のような道
街の建物は主にカーボンニュートラルな木材で、屋根には太陽光発電パネルを設置するなど、環境との調和や持続可能性に配慮。住民に電力を供給する燃料電池発電も含めて、同都市のインフラは全て地下に設置します。

engadget

住民は、室内用ロボットなどの新技術を実証するほか、センサーのデータを活用するAIにより、健康状態をチェックしたり、日々の暮らしの役立てたりするなど、生活の質を向上させることができます。

街の中心や各ブロックには、人々の集いの場として様々な公園・広場をつくり、住人同士も繋がり合うことでコミュニティが形成されることを目指します。



また、トヨタの次世代自動車「e-Palette」は、人の輸送やモノの配達に加えて、移動用店舗としても使用。街のさまざまな場所で活躍するといいます。




同都市では企業や研究者の参加を募り、CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化の頭文字)やAI、パーソナルモビリティ、ロボット等の実証を行うとのこと。

既存の市街地で同様の実証を行うには、行政や地域住民との調整の難航が想定されますが『だったら都市ごと作ってしまえ』という大胆な発想と言えるかもしれません。

CES 2020の最新ニュースはこちらからご覧ください。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ces2020, toyota, transportation
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents