パナソニックがVR眼鏡を発表、有機ELを搭載してHDRに対応

スチームパンク風でイカしてるぜ

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年01月7日, 午後 12:35 in vr
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
パナソニックは1月7日、米ラスベガスにて開催中のCES 2020にてHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応した眼鏡型VRデバイスを発表しました。

VRグラス向けデバイスメーカーKopinとパナソニックが共同開発したマイクロ有機ELパネルを搭載。HDRに対応し、4K以上の高画質でコンテンツを視聴可能です。また、画素境界が網目のように見える「スクリーンドア効果」を抑えて自然で滑らかな映像を実現しています。

新たに開発された光学モジュールを採用したことで、歪みを抑えた自然な映像を超単焦点で表示と、小型軽量な眼鏡のような形状を実現しました。

Engadget
▲超低音から高音まで広帯域再生に対応するイヤホンも内蔵。

Engadget
▲4色のカラバリもラインアップされています。個人的にはスチームパンク風のデザインにトキメキますが、小型ゆえのバッテリー駆動時間などが気になるところではあります。


装着感の良さそうな眼鏡型でありながら、高画質でコンテンツを楽しめる同デバイス。今後5G商用サービスの本格化に向け、さまざまな用途に応用できるよう開発を進めていくとしています。


CES 2020の最新ニュースはこちらからご覧ください。







 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: CES2020, headset, panasonic, vr, wearables
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents