5G
Verizon

2020年秋に発売と見られる次期iPhone主力モデル、通称iPhone 12(仮)シリーズが全モデルとも5G対応であり、当初からミリ波(28GHz帯などの高い帯域)に対応するとの有名アナリストMing-Chi Kuo氏の予測が伝えられていました。

それに異を唱えるように、iPhone 12は9月にサブ6GHz(6GHz以下の帯域)対応モデル、12月~2021年1月にミリ波対応モデルという2段階の発売になるとのアナリスト予測が発表されています。中堅証券会社サスケハナ・フィナンシャル・グループのアナリストMehdi Hosseini氏は、アップルのサプライチェーン情報に基づくとして、上記の見解を発表しています。

なぜミリ波対応モデルが遅れるかといえば、アップルがアンテナインパッケージ(ミリ波帯での通信に不可欠なアレイアンテナをワンパッケージ化したもの)をサードパーティから調達せず、代わりに自社開発すると決定したからと述べられています。

ミリ波方式は新しい帯域「ミリ波」を使う方式で、5G通信の中で最もスピードが出る反面カバー範囲が狭く、通信キャリアが広範囲で使えるように多くの基地局を整備するまでに膨大な時間がかかると見られています。それに対してサブ6GHzはミリ波より低速ではあるが4G LTEよりは高速であり、カバー範囲が広いために農村部で採用される方向にあります。

またHosseini氏は5G対応iPhoneの1つにLCDが搭載されると予想していますが、Kuo氏は4つのモデルすべてに有機ELディスプレイが搭載され、5.4インチモデル×1、6.1インチモデル×2、6.7インチモデル×1という構成を予測しています。

iPhone 12シリーズは5G対応により爆発的なニーズが生じて出荷が1億台を超える、あるいは米国携帯キャリアのインフラ整備に足を引っ張られて期待外れに終わるといった両極端の見方があります。iPhoneにとって主要な市場の1つである日本でも3月から商用サービスが開始されますが、その滑り出しがiPhone 12の成否を左右するのかもしれません。