engadget
Googleは、Chromeの新バージョン「Chrome 80」で、WEBサイトからの通知リクエストをサイレントにする機能を発表しました。

ChromeでWEBサイトを閲覧中に「このサイトからの通知を受け取りますか?」という通知リクエストが飛んでくることは珍しくありません。その場合、許諾するかブロックするかを選択しなければならず、ユーザーは作業を一時中断する必要に迫られます。

新バージョン「Chrome 80」では、通知リクエストを比較的邪魔にならない短いアラートで表示し、作業の中断を回避。ユーザーのイライラを低減します。


engadget

同機能はユーザーが自ら「有効」にする必要がありますが、繰り返しウェブサイトからの通知をブロックしているユーザーは、自動的に有効化されます。

また、通知リクエストの受け入れ率が低いサイトも、同機能が自動的に有効化されます。

Googleは「ユーザーの初訪問時に通知リクエストを送信するようなWEBサイトは、受け入れ率が非常に低くなります。ユーザーがWEBサイトの内容を理解し、通知を受ける利点を確認するまで、通知リクエストを送らないことをお勧めします」とコメント。濫用の防止を呼びかけています。

Chrome 80は今年2月に提供されます。

また、Googleは2020年後半より、広告・マルウェア、または詐欺的な目的でWEBページ通知を使用するサイトに対し、追加の防止策を実施するとしています。