Sponsored Content

レンズ+センサ交換式アクションカメラInsta360 ONE R発表。360度や広角、Leica共同開発1インチ素子も

ギミック的に凄く欲しい

砂流恵介(Keisuke Sunagare)
砂流恵介(Keisuke Sunagare), @nagare0313
2020年01月7日, 午後 11:00 in camera
476シェア
Engadget

Insta360がアクションカメラ「Insta360 ONE R」を発表しました。

Insta360 ONE Rは、一眼レフカメラのようにレンズ交換が可能なアクションカメラです。「360度撮影用レンズ」、「4K撮影が可能な標準広角レンズ」「Leicaと共同開発した5.3K撮影(5312x2988)が可能な1インチセンサー搭載の広角レンズ」の3種類のレンズを交換できます。

Engadget

価格は標準レンズのみ付属の4K版が3万9600円。360度撮影用レンズ+標準広角レンズのツイン版が5万9400円。1インチセンサー搭載の広角レンズ版が6万8200円。いずれも税込みです。すでに予約受付を開始しています。

各パーツを合体させて使用

Engadget

Insta360 ONE Rの最大の特徴は、「レンズ」、「プロセッサーや液晶を搭載した本体」、「バッテリー」を合体して使用すること。360度撮影用レンズを使用すれば360度動画が、1インチセンサー搭載の広角レンズを使用すれば高精細な動画を撮影できます。

また、各パーツが分かれていることで、一眼レフカメラのように適宜パーツごとのアップデートが可能です。既存のアクションカメラは、新製品が欲しいと思った場合は買い換えとなりますが、Insta360 ONE Rはパーツの買い足しでアップグレードできるようになります。

現在用意されているレンズは、360度撮影用レンズ、標準広角レンズ、1インチセンサー搭載の広角レンズの3種です。

360度撮影用レンズは、手軽に全方位の風景を撮影できます。5.7K動画撮影と7K(6080×3040)静止画撮影に対応するほか、映画『マトリックス』で弾丸をブリッジ避けするシーンで有名になった「バレットタイム(スローモーション動画)」の撮影も可能。また、本体のタッチスクリーンで撮影中の360度動画をリアルタイムにプレビューも可能です。

標準広角レンズは、4K@60fpsの撮影が可能で、8倍スローモーションや、タイムラプス、タイムシフトなどに対応しています。35 mm相当の焦点距離は16.4mm。

1インチセンサー搭載の広角レンズは、Leicaと共同開発したレンズです。アクションカメラで1センサー搭載は珍しく(RX0 IIが搭載)、細部まで綺麗で暗所にも強いとのこと。5.3K 30fps、4K fpsの撮影が可能で、35 mm相当の焦点距離は14.4mm。

Engadget

いずれのレンズも、手持ちや揺れる乗り物にマウントしても、まるでジンバルに載せたかのように滑らかで揺れの少ない動画が撮れる「FlowState」を搭載。また、HDR動画、AIを使ったアルゴリズムで自動的に視覚ノイズを修正する「ナイトショット」を搭載し、暗所にも強いとのこと。さらに、防水ケースなしでIPX8防水規格に対応します。

Engadget

また、タッチスクリーンがついたコア部分を正面につけることで映りを確認しながら自撮りもできます。

360度動画も普通の動画も一緒に編集できる

Insta360 ONE Rのアプリには「フラッシュカットAI編集」という編集機能を搭載。撮影した動画クリップを選んで、食べ物、街の景色、旅行などのテーマを選ぶことで、音楽と動画を自動で編集して統合した動画を作ってくれます。これは、親指サイズの超小型カメラ「Insta360 GO」から搭載された機能で、Insta360 ONE Rのアプリはさらにアップグレードした形です。


▲Insta360 GOで撮った映像をAI編集した動画

録画ボタンを押すだけのAI自動編集が超楽ちん! 18.3gの超小型アクションカム「Insta360 GO」|ベストバイ2019

筆者はInsta360 GOを2019年のベストバイにあげるほど気に入っていますが、主な理由がこのAI編集です。自分で動画やシーンを選ばなくてもAIが全部やってくれる手軽さに惚れ込んでいます。

Insta360 ONE Rのアプリでは、360度動画もAIがいくつかのシーンを自動的に切り取って16:9や4:3の動画にしてくれるので、広角レンズで撮った動画と合わせて自動編集ができます。さらに、Insta360 ONE Rはカメラのスクリーンで撮影した動画を直接編集も可能とのこと。編集がおわったものをWi-Fi経由でスマホに転送可能なので、編集の幅と手軽さがさらに広がった形です。

ほかにも、Insta360によるとInstagramで公開されている綺麗な写真をAIに学習させたことで、自動カラーグレードが進化したとのこと。フィルターではなく映像を分析して調整しており、ワンタッチで明るくて鮮やかな補正ができるそうです。

AirPods経由での音声収録も可能

Engadget

Insta360 ONE Rは、2つの内蔵マイクを搭載し、ノイズキャンセルにも対応。USB Type-Cポートと上部の取り付けアクセサリーシューでサードパーティ製の3.5mmマイクの取り付けも可能です。また、AirPods経由での音声収録も可能とのこと。ほかにも、Apple Watchでの遠隔操作にも対応しています。

Engadget
▲ドローンが映り込まないようにした状態で、空中から360度撮影ができるドローンモジュールの発売予定

主な仕様

Engadget

主な仕様は下記の通りです。

EngadgetEngadget
バッテリー時間は、
・4K広角レンズ録画@4K 60fps 連続撮影時間:70分間
・360度レンズ録画@5.7K 30fps 連続撮影時間:70分間
・1インチレンズ録画@5.3K 30fps 連続撮影時間:65分間


まとめ

Engadget

改めて価格を表記します。標準レンズのみ付属の4K版が3万9600円。360度撮影用レンズ+標準広角レンズのツイン版が5万9400円。1インチセンサー搭載の広角レンズ版が6万8200円。いずれも税込みです。すでに予約受付を開始しています。なお、レンズ単体の発売も予定しているとのこと。

Insta360はこれまで360度カメラをアクションカメラとして使用するなどの提案をしてきましたが、遂に真正面からGoProに製品をぶつけてきた形になります。一眼レフカメラのようにレンズを交換できる、AI編集で手軽に動画をつくれる、というハードウェア面、ソフトウェア面のどちらにも特徴のあるInsta360 ONE Rがアクションカメラ市場でどう暴れていくのかが楽しみです。レンズの今後のロードマップも気になるところ。

Engadgetでは引き続き実機レビューもお届けする予定です。


 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: camera, gadgetry, Gadgets, insta360, insta360 one R
476シェア

Sponsored Contents