Sponsored Content

チャットで医師に健康の相談ができる「LINE ヘルスケア」iOSで提供開始

内科・小児科・産婦人科・整形外科・皮膚科に対応

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年01月8日, 午後 03:50 in chat
45シェア
Engadget
iOS版のLINEにて「LINEヘルスケア(β版)」が1月8日から提供開始されました。これはLINEと、 医療ポータルサイト「m3.com」を運営するエムスリーの共同出資により設立した合弁会社であるLINEヘルスケア株式会社によるサービス。Android版は2019年12月19日から提供されています。


Engadget
LINEヘルスケアの利用方法としては、基本的な健康情報を登録して、テーマや診療科から医師を選択して健康に関する悩みを相談できます。相談方法は2種類あります。

「いますぐ相談する」では30分間リアルタイムで、赤ちゃんの熱が下がらないといった病院に行くべきかを相談できます。相談時間の日時を指定して予約も可能。

「あとから回答をもらう」では質問を投稿すると、医師が確認後に回答してくれます。湿疹が出たがネットの情報や自分の知識が合っているか確かめたいといった日常生活での相談できます。質問は1000文字までです。
LINE ヘルスケア(β版)概要
対応診療科
内科・小児科・産婦人科・整形外科・皮膚科

対応時間
24時間365日

相談方法・利用料金
■いますぐ相談する 2000円(税込)/30分
■あとから回答をもらう 1000 円(税込)/48時間、1000文字まで)

※「いますぐ相談する」は、時間や医師の状況ですぐに医師とマッチングできない場合あり。
※「オンライン診療の適切な実施に関する指針」の遠隔健康医療相談(医師)の範囲で実施。
※利用料金は、β版の料金。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: chat, health, line
45シェア

Sponsored Contents