Deffの「Ploom TECH CAP」レビュー、マグネットフリップの使い勝手が最高

装着中も充電可能

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年01月9日, 午後 06:30 in Ploom TECH
0シェア
FacebookTwitter
Engadget

Deffの「Ploom TECH CAP」レビューをお届けします。電気加熱型タバコ加熱式たばこ「Ploom TECH」(プルーム・テック)専用のアクセサリで、直販価格は税込み1304円です。

バッテリー部とカートリッジ部どちらにも装着可能で、フリップで先端部を保護するデザインです。装着することで、円柱状であるPloom TECHの弱点とも言える、机に置くとコロコロと転がってしまう問題も解決できます。

Engadget

フリップにはネオジム磁石を採用しており、CAPの両面にピタッと貼り付けることができます。これにより、CAPを装着したままでも喫煙を楽しめます。

Engadget

▲CAPを付けたまま、バッテリー部とカードリッジ部を切り離すことも可能。そのまま充電できます。

Engadget

▲カラバリはブラック、バイオレット、オレンジ、ネオンピンク、ネオンパープル、ネオンレッドの6色。

ブラック、オレンジ、バイオレットはサフィアーノ調合成皮革で、ネオンレッド、ネオンパープル、ネオンピンクはエナメル調合成皮革です。個人的にはフィアーノ調の方が手触りが上質で、手にフィットしやすかったです。

吸口をそのまま露出して、カバンなどに入れるには抵抗のあるPloom TECH。ケースなどを利用すれば保護できますが、荷物としてかさばってしまいます。そこをキャップとして保護しつつ、色合い的にワンアクセントになっていて、フリップの使い勝手もよく考えられているPloom TECH CAPは、本体と合わせて購入したいアクセサリですね。

■関連リンク
Ploom TECH CAP製品サイト


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: accessory, cigarettes, DEFF, e-cigarette, electric tobacco, electriccigarette, Ploom TECH, gear
0シェア
FacebookTwitter