Galaxy Home Miniは2020年初旬に発売 Bixby対応小型スマートスピーカー

なお、Homeは…

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
0シェア
FacebookTwitter
Samsung Galaxy Home Mini

韓国サムスンがスマートスピーカー「Galaxy Home Mini」を2020年初旬に販売することが、海外報道により判明しました。

これは、サムスンのコンシューマー・エレクトロニクス部門でCEOを務めるHyunsuk Kim(キム・ヒョンソク)氏が、Bloombergに伝えたものです。なお、インタビューでは大型スマートスピーカーの「Galaxy Home」の発売時期については、明かされませんでした。

サムスンは2018年8月に、AIアシスタント「Bixby」を搭載し高音質さをウリにしたスマートスピーカーのGalaxy Homeを発表。しかしこの製品は、現在でも発売日が未定のままです。一方で2019年8月には、小型モデルとなるGalaxy Home Miniのベータプログラムを公開。そしてどういうわけか、後から登場したGalaxy Home Miniの発売スケジュールが先に決定されてしまったのです。

なお、Galaxy Home Miniのローンチ時には、他社がスキル機能を開発するためのAPIは提供されないようです。またKim氏はBixbyの役割について、AI(人工知能)を活かした対話型アシスタントとしてよりも、スマート家電のコントロールハブとしての機能を強化していると語っています。

スマートスピーカー業界では、かなり出遅れてしまったGalaxy HomeシリーズとBixby。今後、その遅れを巻き返すことはできるのでしょうか?
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Bixby, Samsung, smart speaker, smartspeaker
0シェア
FacebookTwitter