Galaxyのタフネススマホ、Xcover Proが海外発表。MIL規格準拠の耐衝撃&防水・防じん

実質的なActiveシリーズ後継かもしれません

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年01月9日, 午後 03:45 in galaxy
0シェア
FacebookTwitter
Samsung Galaxy XCover Pro
韓国サムスンが、Galaxyシリーズのタフネスモデル「Galaxy XCover Pro」を海外発表しました。
XCover Proはアメリカ軍の調達規格となるミル規格「MILSTD 810G」に準拠したスマートフォン。1.5メートルからの落下の衝撃に耐えることができ、IP69の防塵・防水性能も実現しています。また、昨今のスマホとしては珍しく、ユーザーによる内蔵バッテリー交換が可能なのもポイント。屋外でバッテリー交換をしながらの、長期間の使用を想定しています。ディスプレイは手袋をつけたまま、あるいは濡れた手でも操作することができ、本体には2つのプログラム可能なボタンも搭載されています。

本体スペックとしては、6.3インチ/HD解像度ディスプレイと2GHz駆動の8コアプロセッサ、4GBのRAM、64GBの内蔵ストレージを搭載。背面カメラは2500万画素メイン+800万画素ワイド、フロントカメラは1300万画素でパンチホールデザインを採用。バッテリー容量は4050mAhで、ディスプレイ指紋認証機能を搭載しています。

Galaxy XCover Proはフィンランド限定で、1月31日から発売予定。価格は499ユーロ(約6万1000円)です。

サムスンは高級タフネススマートフォンとしてGalaxy S Activeシリーズを投入していましたが、今回の端末はその流れをくむモデルと言えそうです。同シリーズは世界各国で販売されていただけに、本モデルも今後、フィンランド以外にも販売地域が拡大されるのかが注目されます。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, galaxy, Galaxy XCover Pro, GalaxyXCoverPro, smartphone, smartphones, sumsung
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents