CES 2020 記事まとめ【電気自動車・自動運転編】

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年01月13日, 午前 11:30 in CES2020
0シェア
FacebookTwitter
CES 2020
米ラスベガスにて例年、年初に開催されている見本市「CES」。かつては"世界最大の家電見本市"でしたが現在ではスマホやAI技術、IoTデバイスから電気自動車に至るまで、最新技術が世界から集う場所になっています。

CES 2020にて発表・展示されたあれやこれやから、Engadgetで取り上げた記事を一覧形式でご紹介。今回は、ここ数年のCESで熱気を帯びてきた電気自動車・自動運転関連の記事をピックアップしました。

ソニーが電気自動車。センシング・エンタメ技術山盛りのプロトタイプ「VISION-S」


「VISION-S」は、ソニーが供給できるセンサー群やインフォテインメント技術を示すコンセプトカー

ソニー「VISION-S」に見る、スマホメーカーが自動車業界で活かせる強み

トヨタ、静岡に「コネクテッド・シティ」建設

メルセデス・ベンツ、映画『アバター』風のコンセプトカー「AVTR」

ボッシュ、目の部分だけ遮光する新型サンバイザー『Virtual Visor』

アストンマーティン、鏡とカメラ切り替えるハイブリッドミラーシステム

ボッシュ、自動運転向けLiDAR。カメラ、レーダーと組合せあらゆる状況に対応

BlackBerry QNX、自動運転と電動バイクの安全装備で2つのコラボ

Amazon、車載用Fire TVとDolby Atmos対応のサウンドバー

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: automotive, autonomous, car, CES, CES2020
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents