AndroidのGoogleアプリに実験的機能を試せる「Labs」追加

不安定になる可能性もあるとのこと

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年01月14日, 午後 04:45 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
Google Labs
AndroidのGoogleアプリに、実験的な機能を試せるLabsセクションが追加されました。Googleは以前から、Chromeなどで実験的機能をユーザー自身が有効にできるようにしていますが、その考えをGoogleアプリにも持ち込んだようです。

Googleアプリの「その他」を選ぶと、メニューの中に「Labs」が追加されています。執筆時点では、「ピンチ操作で検索結果を拡大」と「Screenshot editing, sharring and actions」の2つのみがリストされている状態です。

各機能は個別に有効化でき、それぞれ機能詳細や使いかたを確認可能。もちろん、フィードバックの送信も行えます。

Google Labs

ピンチ操作で検索結果を拡大は、名前の通り検索結果でピンチ操作によるズームが行えるというもの。もう一つのScreenshotのほうは、Googleアプリ内のみですがスクリーンショット取得時に画面下部に追加のメニューが表示され、編集や共有が簡単に行えるようになります。

Google Labs

機能は今後も追加されると考えられるので、未公開の機能に興味があれば、定期的に確認してみると良さそうです。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, experiment, google, labs, mobile, services, software
0シェア
FacebookTwitter