Galaxy S20 UltraはRAMを16GB搭載の噂。S20+の実機画像もリーク

まさにノートPC並みの性能に

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年01月14日, 午後 02:15 in mobile
67シェア
Galaxy S20+
Samsungは2月11日にGalaxyのアンパックイベントを開催しますが、そこで発表が予想されている次期フラッグシップGalaxy S20シリーズの情報がにわかに増えてきています。


Galaxy S20シリーズは、無印のS20とS20+、そして最上位のS20 Ultraの3モデルになると予想されており、上の画像は、その中のGalaxy S20+ 5Gバージョンとされるもの。

背面カメラは4つあり、著名リーカーのIce univerceによると、12MP+64MP+12MP+ToFという組み合わせになるようです。おそらくは、標準、望遠、超広角となると考えられます。なお、ToFはTime of Fligtのことで、距離や形状測定用のカメラです。カメラのでっぱりの中、右下にも穴が開いていますが、これは動画撮影時のオーディオ品質向上のための背面マイクの可能性がありそうです。

また、最上位となるS20 Ultraには、XiaomiのMi Note 10にも採用された1億800万画素のカメラのほか、光学5倍~10倍の望遠レンズ(ペリスコープレンズ)を搭載するとの噂もあります。
そのS20 Ultraに関しては、S20+の画像を投稿したXDA-DevelopersのMax Weinbach氏によると、16GBのRAMを搭載するとのことです。

現在のスマートフォンのRAMはROG Phone IIなどの12GBが最大。もし16GBとなれば、スマートフォン初となりそうです。とはいえ、これほどの大容量がスマートフォンに本当に必要なのかという疑問も浮かびます。ただ、バックグラウンドアプリを終了させずに済むというメリットが考えられるほか、おそらくディスプレイに繋いでPC風に利用できるDexにも対応するので、16GBあれば、本当にPC代わりになり得るかもしれません。
これらの情報が正しいのかどうかの判断は、約1か月後の正式発表を待つ必要がありますが、これだけのハイスペック端末の価格が、一体いくらになるのかも注目しておきたいところです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: android, galaxy s20, galaxy s20 ultra, galaxy s20 ultra 5g, gear, mobile, samsung, smartphone
67シェア

Sponsored Contents