iPhone SE2(仮)にはFace ID搭載モデルあり?CES 2020からの噂

Face ID+Touch ID、それともFace IDのみ?

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年01月15日, 午後 12:00 in apple
0シェア
FacebookTwitter
iPhone9
iPhone 8をベースにして、iPhone 11シリーズと同じA13 Bionicチップを搭載すると噂されるiPhone SE2(仮)ないしiPhone 9(仮)。この未発表iPhoneはiPhone 8と同じくホームボタンとTouch ID採用と見られていますが、それとは別に顔認証のFace IDモデルも開発中かもしれないとの噂が報じられています。この噂を伝えるのは、海外でも情報の正確さや信ぴょう性に定評あるMacお宝鑑定団Blogです。同ブログはCES 2020に出展していた複数のアップルサプライヤー関係者の話として、A13Bionicチップを搭載したiPhone 8のアップデート版には、Touch IDモデルとは別にFace IDモデルも開発中の可能性があると述べています。

その筐体サイズはiPhone 7に戻り、レシーバー(受話マイク)部分のサイズがiPhone 11シリーズとiPhone XSシリーズの中間になるとのこと。ちなみにiPhone 8とiPhone 7はほぼ同サイズですが、後者の方がわずかに小さく(重さでは10g軽い)なっています。

背面カメラはiPhone 8よりわずかに大きくなり、LED True ToneフラッシュはiPhone 7のサイズに戻るとのこと。さらにTrueDepthカメラ(つまりディスプレイ上部の切り欠き内に収納するノッチ方式)を採用することで、ディスプレイの縦幅アクティブサイズが拡大し、それにより5.4インチ画面になるとの予測が示されています。

アップルが4.7インチ画面のiPhone SE2とは別に「LCDベースのモデル」を用意しており、2020年末または2021年初めまでに発売するとの噂は、先日も台湾の電子業界情報誌DigiTimesが伝えていました。そちらでは画面サイズは5.5インチまたは6.1インチとされています。

また、アップルのインサイダー情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏も、2021年の早い時期に発売として「iPhone SE2 Plus」(画面サイズはDigiTimesと同様)を予測しています。

4.7インチ画面のiPhone 8をベースに画面サイズを5インチ以上に広げるとの見方は不可解なものがありましたが、今回の噂を加えれば、その謎は解けそうです。とはいえ、Touch IDとFace IDを両方搭載するのか、それともFace IDのみでTouch IDは廃止するのかは気がかりなところです。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, AppleRumor, faceid, iphone9, iphonese2, touchid
0シェア
FacebookTwitter