Korg

電子楽器メーカーのKorgは、これまでに1978年発売のアナログモノフォニック・シンセサイザーMS-20をiPadアプリ化したり、縮小版復刻版や、自分で組み立てるフルサイズキットとして再発してきました。そしてこんどは、フルサイズで組立済みの復刻版「MS-20 FS」を4色カラーバリエーションで発売します。Korgは1月16~19日に開催される楽器見本市NAMM 2020を前に、90年代にデペッシュモードらが使用したシンセサイザーWavestationをモチーフとするWavestate、さらに1970年代の名機ARP 2600のフルサイズ復刻版ARP 2600 FSを発表しています。

そして今回Korgが発売するのは、フルサイズで完成品の、箱から出してすぐに使えるMS-20復刻版です。そして新たな要素として、オリジナルのブラックに加えてグリーン、ブルー、ホワイトが筐体およびパネルカラーとしてラインナップされます。

これまでのKorgの復刻シンセの例に漏れず、今回のMS-20 FSも数量限定での発売となります。ただし、何台が生産、販売されるかは明らかではありません。MS-20はオリジナルに忠実に内部回路を再現しつつ、5ピンのMIDI端子およびUSB-MIDIコントロール(ピッチ、ノートのオン/オフ)が追加されます。

MS-20 FSの価格はまだ明らかにされていません。国内発売時期も未定です。