Sponsored Content

「Suicaが家カギ」な分譲マンション竣工、初のダブルロック仕様

スマホアプリからも解錠可

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年01月15日, 午前 10:05 in smartlock
129シェア
engadget

スマートロックや不動産管理サービスを展開するライナフは、SuicaなどFeliCaチップが家鍵になるスマートロック「NinjaLockM」(ニンジャロックエム)が、トーシンパートナーズの分譲賃貸マンション「ZOOM新宿西落合」に導入されたと発表しました。

「NinjaLock」はサービスマンションを中心に採用が進んでいますが、玄関ドアに2つの鍵を設けるダブルロックタイプの採用は初めてです。

「ZOOM新宿西落合」では、全73室に「NinjaLockM」を導入。一般的な玄関ドアと同様に鍵を2つ設置するダブルロック仕様であるほか、フルタイムシステムが提供する顔認証によるハンズフリーセキュリティサービス「F-ace」+「F-ics」を組み合わせ、エントランスからエレベーター、自宅玄関までを同一のFeliCaチップ内蔵のキーで解錠できます。

FeliCaに加えてスマートフォンアプリや暗証番号による解錠も可能。入居者は多彩な出入りを体験できるといいます。

engadget

スマートロックを巡っては、「Qrio Lock」のような既存の玄関ドアに後付けする製品が人気を集める一方、現在は改良が進んでいるものの、玄関ドアに両面テープで貼り付けたスマートロック機器が経年劣化で落下し家に入れなくなったり、マンションではオートロックに対応できないといった課題があります。

一方、建設時からスマートロックを組み込んだマンションはそうした課題がありません。なお、こうした規格は変化が激しく、10年・20年と住み続けた場合のサポートが重要となりそうです。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: felica, smartlock, suica
129シェア

Sponsored Contents