Sponsored Content

501の最新記事

    ポケモンGO:No.501 ミジュマル入手方法・色違いと弱点・対策 (大人のポケモン再入門ガイド)

    お腹にあるのはホタテではなくホタチ

    Engadget JP Pokedex Team (ポケモン図鑑編纂室)
    12シェア

    Engadget
    最先端のモバイルARと、世代を超えて人気のポケットモンスターが融合したポケモンGO。久々にポケモンを遊ぶ元トレーナーや、これが初めてのポケモンゲームというかたに向けて、要点だけをまとめた大人向け「ポケモン図鑑」です。

    今回はイッシュ御三家の「ミジュマル」。

    pokedex

    「大人のポケモン再入門ガイド」一覧ページはこちら

    Engadget
    No.501 ミジュマル

    全国図鑑番号:No.501 (イッシュ地方・第五世代)
    初出:『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』 ニンテンドーDS 2010年
    分類:ラッコポケモン
    英語名:Oshawott

    図鑑の解説

    「お腹のホタチで戦う。攻撃を受け止めてからすかさず切りつけて反撃するのだ。」

    ゲーム内データ

    進化:ミジュマル(ミジュマルのアメ25個)フタチマル(ミジュマルのアメ100個)ダイケンキ
    色違い:未実装
    タイプ:みず
    天候ブースト:
    弱点:でんき・くさ(×1.6)
    耐性:みず・こおり・はがね・ほのお(×0.625)
    種族値:HP146・攻撃117・防御85

    ミジュマルの入手方法(2019年12月時点):

    ・5kmたまごから孵化。
    ・野生で出現。

    ミジュマル対策ポケモン:

    番号 名前(おすすめ技の例)

    243 ライコウ(でんきショック / ワイルドボルト)
    145 サンダー(でんきショック / 10まんボルト)
    462 ジバコイル(スパーク / ワイルドボルト)
    466 エレキブル(でんきショック / ワイルドボルト)
    470 リーフィア(はっぱカッター / ソーラービーム)

    カメックスの弱点はでんき・くさタイプの攻撃のため、攻撃種族値が高いでんきタイプのエースアタッカーである、ライコウ、サンダー、ジバコイル、エレキブルなどが有効です。

    でんきタイプのポケモンがいない場合は、リーフィアなどのくさタイプのポケモンも、攻撃では弱点がつけて、かつ、みずタイプの攻撃に耐性があるので有利にバトルを進められます。

    ポケモンGO:No.243 ライコウ入手方法・色違いと対策
    ポケモンGO:No.145 サンダー入手方法・色違いと対策
    ポケモンGO:No.462 ジバコイル入手方法・色違いと対策
    ポケモンGO:No.466 エレキブル入手方法・色違いと対策
    ポケモンGO:No.470 リーフィア入手方法・色違いと対策 

    ※サンダーの「でんきショック」はレガシー技(現在は新規に覚えられない技)です

    ミジュマルのバトル評価:不向き

    弱点がくさ・でんきタイプと少ないポケモン。ミジュマルのままではバトルやジム防衛には不向きですが、ダイケンキまで進化させるとバトルで活躍します。

    みずタイプの技で一致させた場合、ドサイドンやゴローニャなどバトルで人気の「じめん・いわ」タイプのポケモンに対して弱点をつけます。コミュニティ・デイが開催された場合は、大量に捕獲して育成したいところ。

    おすすめ技構成:

    みずでっぽう(みず) /アクアテール(みず)
    たいあたり(ノーマル) /つじぎり(あく)


    最新のポケモンGOニュース一覧

    Pokemon GO

    ポケモン公式のタイプ相性表。ざっくり言うと「ばつぐん!」が約1.6倍。2タイプで両方が弱点(二重弱点)の場合は約2.5倍。(例:「こおり・ひこう」のフリーザーに対して「いわ」で攻撃)

    耐性は「いまひとつ」が約0.63倍。「効果がない」はポケモンGOでは約0.4倍に軽減されるもののダメージが通ります。

    pokedex
     

    広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

     

    関連キーワード: 501, 501Oshawott, pokedex, pokemon, Pokemon GO, pokemongo
    12シェア

    Sponsored Contents