iPhoneがGoogleアカウントのセキュリティキーとして利用可能に

いまのところ使えるのはChromeのみ

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年01月15日, 午後 03:20 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
iPhone security key
Googleは2019年、AndroidでFIDO2認定を取得し、Android 7.0以降の端末を2要素認証のセキュリティキーとして利用可能にしました。そして今度は、iPhoneやiPadをセキュリティキーとして使えるようになりました。


利用するには、iOS向けSmart Lockアプリの更新が必要です。その後、デスクトップのChromeでGoogleアカウントにサインインする場合に、iPhoneやiPadのTouch IDあるいはFace IDが利用できます。なお、利用時にはiPhoneやiPadとデスクトップ両方のBluetoothを有効にしておく必要がありますが、事前のペアリングは不要です。

セキュリティキーとして登録できるスマートフォンは1台のみで、iPhoneとiPad、あるいはAndroidとiPhoneなど複数の端末を登録することはできません。

今のところ、Googleアカウント以外では利用できませんが、別途セキュリティキーを持ち歩く必要がないのは便利です。また、SMSやスマートフォンに表示されるポップアップでの認証よりも安全性は高く、iPhoneを主に利用しているのであれば、設定しておいて損はなさそうです。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 2fa, app, gear, google smart lock, internet, ios, iphone, mobile, security, smart lock, two-factor authentication
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents