Microsoft

予告どおり、マイクロソフトが純正Webブラウザ Microsoft Edge の新バージョンを一般提供しました。Windows 10およびmacOS向けに、マイクロソフトからダウンロードできます。

新 Edge ブラウザは、Google の Chrome ブラウザのように、オープンソースの Chromium をベースにした初のバージョン。

かつてマイクロソフトは独自に開発したEdgeHTMLエンジンで動く Edge ブラウザをWindows 10の目玉として挙げ、Windows 10との親和性や新規ゆえの最新規格追従、省電力などを売りにしてきました。

しかし Chrome など Chromium ベース(Blinkエンジン)のブラウザが大きなシェアを持ち、ウェブサイトやウェブアプリにとっても、ウェブ標準規格を守ってどのブラウザでも動くようにするより Chromeで動くかどうかが重要になるような状況が続くなかで、マイクロソフトは独自エンジンと互換性維持に費やすリソースをユーザー向けの機能に向けたほうが得策との判断から、Chromium をもとにした新生 Edge のテストを続けてきました。


Microsoft

新 Edge の売りは互換性と高速性、分かりやすいプライバシーやセキュリティの管理、拡張機能対応、Bing統合、マイクロソフトアカウントを使った複数プラットフォームの同期など。

独自の機能としては、複数のウェブページからコンテンツを切り出して集め、編集・共有できる「コレクション」がありますが、今回一般向けにリリースされたバージョンには含まれていません。製品ページによれば近日提供予定。

関連:新Edgeブラウザ、「確定申告の影響」で日本向け配信は4月以降に。ダウンロードは可能