ソフトバンク子会社、無印良品デザインの自動運転バス「GACHA」開発元と提携

自動車メーカーとの提携も視野

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年01月15日, 午後 02:30 in 360Camera
0シェア
FacebookTwitter
SBD news press Sensible 4

ソフトバンク子会社のSBドライブは1月15日、全天候型の自動運転バス「GACHA(ガチャ)」を開発したフィンランドのSensible 4 Oy(以下、Sensible 4)と協業すると発表しました。

SBドライブとSensible 4は、SBドライブの自動運転車両運行プラットフォーム「Dispatcher(ディスパッチャー)」と連携させたGACHAを、フィンランドの公道で運行させる予定です。

GACHAは、車体のデザインを無印良品を展開する良品計画が担当したことで一時期話題になりました。性能面では、LIDAR、360度カメラ、GPSなどを使って周囲の状況を把握し、自車位置の高精度な推定と障害物検知が可能で、雪や霧などの悪条件でも予め設定されたルートを自律走行できます。

Dispatcherは、複数の自動運転車両の運行を遠隔地から同時に管理・監視できるプラットフォームです。乗客の着座前発進や走行中の車内移動などをAI(人工知能)が検知して遠隔監視者や乗客に注意喚起を行う機能や、それらの事象が過去に発生した箇所や回数を地図上で確認して運行ルートや車両設定の改善に利用できる機能、出発地と目的地を指定して遠隔地から車両に走行指示を出す機能などを搭載します。

SBD news press Sensible 4▲Dispatcherのイメージ

SBドライブと Sensible 4は、自動運転バスの運行オペレーションの確立に向けて自動車メーカーと提携することも視野に入れており、欧州と日本での普及を目指すとしています。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 360Camera, bus, Dispatcher, driving, GACHA, gps, LIDAR, sbdrive, self-drivingcar, Sensible 4, softbank, technology
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents