VALUがVA売買サービス終了、預かりビットコイン返却

4月1日以降は新たなサービスに移行

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年01月15日, 午後 03:56 in Business
0シェア
FacebookTwitter

engadget
個人が提供する権利を株式のように売買できる「VALU」──。2017年にβ版として誕生した同サービスが3月2日13時をもってVAの売買など各種サービスを終了します。また、3月31日13時を期限にユーザーから預かっているビットコインの返却を進めます。(3月2日までの申請が必要)

廃止する機能・サービスは下記の通りです。

・VA の発行、売買、保管・管理機能全般
・暗号資産のカストディ業務
・SNS機能全般
・Stories機能
・イベント・チケット機能
・マイページ及び優待情報、伴う検索機能全般

発表によると、2019年5月19日に可決された暗号資産(旧称:仮想通貨)に関する改正資金決済法に含まれる『暗号資産カストディ業務に対する規制』に対応すべく検討を進めたものの、力及ばず断念に至ったのこと。

この「カストディ業務」は、投資家の代理で有価証券の保管や管理などを行う業務を指し、改正法による規制強化で、VALUにも暗号資産に関する厳格な規制が適用されることになります。

VALU側は『暗号資産カストディ業務はVALUサービスの根幹をなす部分であり、当該業務の断念により抜本的な事業転換が必要となります』とコメント。そのうえで『4月1日以降、新しいVALUにアップデートできますよう準備して参ります』とも述べ、4月1日以降は新たな形態のサービスを展開すると明かしています。

ビットコインの返却など案内

預かりビットコインの返却に関しては、1月15日から3月2日までにビットコイン返却申請フォームにアクセスし、最終送金先アドレスを事前登録する必要があります。VA売買停止後、3月2日から3月31日にかけて、事前登録したアドレスに順次送金します。

また、公式サイトではVAをパブリックなブロックチェーンに移管して受け取る方法や、サービス終了や返金手続きのスケジュールを案内しています。なお、発行者によってパブリックなブロックチェーンに移管されていないVAは受け取れないとも案内しています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: bitcoin, Business, valu
0シェア
FacebookTwitter