20200116日々、何十も記事を掲載しているEngadget 日本版ですが、「結局どれが注目なのか」「重要なニュースが埋もれちゃう」なんて声もちらほら......。そんなわけで昨日注目を集めたトピックスをピックアップしてお届けします。これさえおさえておけば話題に乗り遅れるなんてことはもうないはず!? 1月16日に盛り上がったニュースはこちらでした。

「Chromeアプリ」2022年に終了、Googleがタイムラインを発表

20200116

Googleが1月15日(現地時間)、Chromeアプリのサポート終了に向けたタイムラインを発表しました。2022年6月にChrome OSを含むすべてのOSにおいて、Chromeアプリのサポートが終了します。(つづき)

新生Microsoft Edgeブラウザ提供開始。Chromium ベースで互換性重視

20200116

予告どおり、マイクロソフトが純正Webブラウザ Microsoft Edge の新バージョンを一般提供しました。Windows 10およびmacOS向けに、マイクロソフトからダウンロードできます。(つづき)

新Edgeブラウザ、「確定申告の影響」で日本向け配信は4月以降に。ダウンロードは可能

20200116

本日16日にマイクロソフトが公開した新しい(Chromiumベースの)Microsoft Edgeブラウザーですが、日本でのWindows Updateを通じた配信は4月1日以降に延期されると日本マイクロソフトが明らかにしました。

同社はその理由を「確定申告の影響を考慮」したためと説明しています。(つづき)

やっぱり不要だった? Androidの「アプリを更新」通知が廃止へ

20200116

スマートフォンを使う上で避けられないのが、怒濤のごとくやってくる不要な通知の大群。GoogleはAndroid 10においてその不快感を軽減するための機能を導入していますが、Google 自身が提供するアプリでも通知の削減を目指しているようです。(つづき)

太陽系よりも古い75億年前の物質を隕石から発見。これが本物の「星屑」

20200116

米国とスイスの合同研究チームが、1960年代にオーストラリアに落下した隕石の中からおよそ75億年前と推定される微粒子を発見したと米国科学アカデミー紀要(PNAS)に発表しました。地球を含む太陽系が誕生してから約46億年だと言うことを考えると、この物質はそれよりも30億年前から存在していたことになります。論文の共同執筆者フィリップ・ヘック氏は、隕石中にみつかった微粒子を「古い星の固形サンプルであり、まさに星屑だ」と述べています。(つづき)