Sponsored Content

トヨタ「空飛ぶクルマ」量産化に向け、eVTOL開発元に約430億円出資

新たな移動手段の実現に向けた動きが加速

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年01月16日, 午後 04:00 in transportation
94シェア
TOYOTA Joby Aviation
トヨタ自動車は1月15日(米国時間)、ヘリコプターのように垂直に離発着できる電動垂直離着陸機「eVTOL」の開発企業Joby Aviation(以下、Joby)と協業すると発表しました。

今回の協業にあたり、トヨタ自動車はJobyに3億9400万ドル(約430億円)を出資します。
また、トヨタ自動車は生産技術の見地から設計、素材、電動化の技術開発に関わるとともに、トヨタ自動車の生産方式(TPS)のノウハウをJobyに共有します。トヨタ自動車によると、「このeVTOLの開発・製造における技術は、電動化、新素材、コネクティッドなどの分野において次世代環境車の技術との共通点も多く、eVTOLは自動車事業との相乗効果を活かした新たなモビリティ事業に発展する可能性がある」としています。

また、将来的にeVTOLを量産化する計画も明らかにしており、「品質や安全性に加えて厳しいコストの基準を満たす製品作りを目指す」としています。

eVTOLは、ヒュンダイ自動車とUberの両社も開発を進めており、コンセプトモデルの「S-A1」が米国ネバダ州ラスベガスで開催されたデジタル技術見本市「CES 2020」で発表されています。こちらの2社も航空ライドシェアサービスや自動運転分野での協業を発表していることから、新たな移動手段の実現に向けた動きが加速しています。


 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: evtol, flying car, flying taxi, flyingcar, flyingtaxi, joby, mobility, toyota, transportation
94シェア

Sponsored Contents