郵便配達もEVバイクに、日本郵便がホンダから2000台導入へ

郵政カブが電動化

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年01月17日, 午後 05:00 in transportation
285シェア
日本郵便は、郵便配達向けにホンダ製の電動バイク「BENLY e:(ベンリィ イー)」を導入すると発表しました。2019年度中に200台を導入し、本日1月17日から東京都の郵便局で使用を開始します。今後、一部の地方都市の郵便局にも配備を進め、2020年度中には需要をみつつ、2000台程度を導入する方針です。

郵便配達のバイクといえば、ホンダが約50年に渡り供給してきた「郵政機動車(ホンダMD90)」が有名です。市販のスーパーカブをベースに耐久性を高めた特別仕様車は、「郵政カブ」の愛称で(切手のモチーフになるほど)親しまれてきました。今回のBENLY e:の導入によって、ついに郵政カブも電動化に舵を切ることになります。

日本郵便では配達用の小型車も三菱自動車製の電気自動車「ミニキャブ・ミーブ バン」を導入して電動化を進めています。BENLY e:の導入はその流れに続くものになります。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: ev, honda, transportation
285シェア

Sponsored Contents