ソニー、『Horizon Zero Dawn』PC版をSteamで発売? 自社PS4タイトル初 (うわさ)

クロスバイとクロスセーブくれ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年01月17日, 午後 07:56 in horizon
93シェア



ソニーのプレイステーション4独占ゲーム『Horizon Zero Dawn』(ホライゾン ゼロ ドーン)が、PCでも遊べるようになるかもしれません。

Horizon Zero Dawn (以下ホライゾン)は、Guerrilla Games が開発したSFオープンワールドRPG。2017年にプレイステーション4独占の看板タイトルとして発売され、二周年の2019年時点で世界1000万本以上を販売した人気作品です。

PS4『Horizon Zero Dawn』インプレ。狩猟欲と探索心をそそる濃密な世界、PS4 Proの威力も実感する大作

PC版のうわさを伝えているのは、 Kotaku などに執筆する Jason Schreier氏。希望混じりのPC版発売説は以前からありましたが、Schreier 氏はソニーの計画に詳しい三人の人物から匿名を条件に証言を得たとしています。

内容自体は少なく、年内であること、おそらくSteamとEpic Gamesストアで販売すると思われるが最終決定ではない、PCなのでPS4 Pro よりも高いフレームレートなどもっときれいなグラフィックで遊べるなど。



ソニーがプレイステーション独占の大作としてみずから販売(パブリッシュ)した作品が、後からPCでも販売されることはこれまでもありました。たとえばQuantic Dream の『デトロイト:ビカム・ヒューマン』や、コジマプロダクションの『Death Stranding』など。

しかしそうした例は、SIE (ソニー・インタラクティブ エンタテインメント)が出資などを通じて開発に協力するかわりに、PS4での時限独占とパブリッシュを担当する形態。開発スタジオ自体は独立しており、別プラットフォームでは別パブリッシャーなり開発元自身が販売します。

一方、ホライゾンの開発を担当したゲリラゲームズは、ソニーのワールドワイドスタジオ(WWS)傘下にある子会社。2005年にソニー傘下に入って以来Killzoneシリーズなどを手掛けてきた、ソニーの中の開発スタジオです。

つまりもし本当にホライゾンがPCでも販売されるなら、従来は自社のゲームをプレイステーション独占にすることでプラットフォームを売ってきたソニーの戦略が変わることを意味します。



うわさの真偽はひとまず置くとして、独占タイトルを揃えて自社プラットフォームに誘導する伝統的なゲーム機メーカーの戦略は、ソニーを含めて変わりつつあるのも事実です。

たとえばソニーとゲーム機の台数争いを繰り広げてきたマイクロソフトは、Xbox Game Studios の名で15のゲームスタジオを傘下に収めていますが、Halo や Forza、Gears など看板タイトルも含めて、原則すべて Xbox と Windows PCで同時に販売するという、ある意味「Xbox 買わなくてもいいですゲーム買ってくれれば」戦略にシフトしています。(マイクロソフトはWindows陣営の主で、PCゲーミングでも稼げるという点はありますが)。

マイクロソフト的には、Xbox One本体を買わない客に対しても自社ゲームを購入させ、あるいは定額遊び放題の Xbox Game Pass や Xbox Liveなどより広い意味での自社エコシステムに顧客を迎えられれば良しという考えです。一周回って、家庭用ゲーム機はそのための重要な武器という位置づけ。

怪物的な売上とユーザー数を誇るMinecraftを自社プラットフォーム独占にせず、スマホでもニンテンドースイッチでもPS4でも遊べるようにしたうえで、他社のゲーム機ユーザーにもマイクロソフトアカウントを作らせ自社ストアで買い物させるのは分かりやすい例です。

一方ソニーでも、ストリーミングゲームサービス PlayStation Now のPC版クライアントを通じて、必ずしもプレイステーション本体を買わなくてもPSゲームが遊べる取り組みは以前から展開していました。

当初はアーキテクチャ的に互換性のないPS4でPS3のゲームが遊べるという提案だったはずが、時期を逸したりラインナップが微妙だったり価格が異様に高いなど、どうしたいのか分かりにくい位置づけのサービスでしたが、近年ではPS4のゲームも遊べるようになり、2019年には利用料金が劇的に値下げされるなど、他社のストリーミングゲームサービスとの競合も見据えて本腰をいれてきた印象があります。



唐突に思える「PS4独占の自社タイトルをPCで販売」も、こうしたプラットフォーム非依存なエコシステム構築への手がかりという意味では、ソニーの新しい戦略を示すものなのかもしれません。

もしPCでPSゲームの流れが来るならば、とりあえずはPS Storeで買ったらPS5でもPCでもモバイルでも遊べるクロスバイと、セーブの互換性をお願いします。


 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: horizon, horizonzerodawn, ps4, ps5, rumor, sie, sony
93シェア

Sponsored Contents