Netflixが2月からジブリ作品を配信、但し日本は対象外

様々な言語の字幕と吹き替えを用意

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年01月20日, 午後 05:17 in film
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
Netflixは2月からスタジオジブリ作品を配信します。日本、カナダ、米国を除く世界中で配信予定で28言語の字幕と、最大20言語の吹き替えに対応予定です。

今回の配信はNetflixが、フランスの配給会社ワイルドバンチインターナショナルから配信権を取得したことによるもの。「となりのトトロ」や「千と千尋の神隠し」をはじめとしたスタジオジブリの映画作品を順次配信予定。

今回の配信に際してNetflixのオリジナルアニメーションのディレクターAram Yacoubian氏は以下のようにコメントしています。
「今回の配信はNetflixのメンバーにとって夢です。スタジオジブリの作品は35年以上世界中のファンを魅了してきました。ラテンアメリカやヨーロッパ、アフリカなど多くの言語でユーザーに作品を提供出来ることを楽しみにしています」
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: film, netflix
0シェア
FacebookTwitter