Tencent GamesがBlack Sharkと提携を発表。ソフトとハードの両面でモバイルゲーム体験を改善

2019年にはASUSとも協力していました

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年01月21日, 午後 12:45 in mobile
0シェア
Tencent Black Shark
Epic Gamesの40%の株式を所有するほか、PUBGのモバイル版配信を手掛けるなど、世界最大手のゲーム会社として知られる中国Tencent Gamesが、Xiaomiが出資するゲーミングフォンメーカーBlack Sharkとの提携を発表しました。今後、ソフトウェアとハードウェアの両面で協力していくとのことです。

とはいえ、Tencent Gamesがゲーミングフォンフォンメーカーと協業するのはこれが初というわけではなありません。2019年にはASUSと協力し、中国でROG Phone II Tencent Editionを発売しています。RAMを8GB、ストレージを128GBにするなど若干仕様を落とした代わりに、安価となっており、グローバルではStrix Editionとして発売されています。

Black Sharkとの提携についても、次期端末においてTencrnt Editonをリリースするという意味合いしかないのかもしれませんが、将来的には、より良いモバイルゲーム体験をプレイヤーに提供するために協力していくとしています。

そのBlack Sharkの次期端末Black Shark 3については、2月にも発表されると予想されています。仕様については 120HzのQHDディスプレイにSnapdragon 865を搭載。RAMはGalaxy S20 Ultraと同じく16GBになるとの噂もあります。


果たして、どのような形で提携の成果が表れるのか、楽しみにしておきたいところです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: blackshark, GamingPhone, mobile, tencent, tencentgames
0シェア

Sponsored Contents