任天堂がスマホゲーム『マリオカート ツアー』の第二回マルチプレイテストを予告しました。

前回のテストは定額課金のゴールドパス加入者限定でしたが、今回は完全無課金勢も含め全てのプレーヤーが参加できます。



マリオカート ツアーは任天堂の人気レースゲーム『マリオカート』シリーズ初のスマートフォン版。縦画面で指一本プレイ対応、基本無料でゲーム内通貨や定額パス課金など、シリーズにとって初尽くしの作品です。

2019年夏(9月25日)のリリース時、ガチャ要素や有料パスの価格以上にプレーヤーを驚かせたのは、マリオカートなのにマルチプレイができなかったこと。

初代のスーパーマリオカート以来、プレーヤーが集まれば一緒に遊ぶ定番ゲームだけに、当初のリリース予定から延期した上でマルチなしスタートは驚きでした。



今後のアップデートで追加予定のマルチプレイは、昨年12月にゴールドパス加入者限定で短期間のベータテストを実施済み。

今回の第二回テストからはついに、ゴールドパスを買っていなくても、ルビーさえ買わない無課金でも参加できます。

さらに今回から、端末の位置情報設定を利用して、近くにいるプレイヤーとレースできるようになりました。

(ただし任天堂アカウントの国設定が韓国の場合、位置情報を利用した機能は使用できません)

正式版と仕様が異なること、正式版に引き継がれないことなどは前回と同じ。開始時期はまもなく。ゲーム内のお知らせや公式から改めて通知する予定です。


「マリオカート ツアー」公開1週間で9000万DLを突破。任天堂スマホゲー史上最速