Rakuten Mini、「無料サポータープログラム」当選者限定で先行発売

2万1800円、6店舗限定

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年01月23日, 午後 12:12 in android
0シェア
FacebookTwitter
Rakuten Mini
楽天モバイルは、初の自社ブランドのスマートフォン「Rakuten Mini」を本日1月23日に発売します。当初は「無料サポータープログラム」当選者限定で、直営6店舗にて販売されます。価格は2万1800円(税込)です。

Rakuten Miniは小型のAndroidスマホ。おサイフケータイ対応(FeliCa搭載)としては最小級の重さ79gの小型なモデルです。さらにeSIMを採用している点も特徴になります。

発売当初はナイトブック、クールホワイトの2色をラインナップ。「無料サポータープログラム」当選者もこの2色から選ぶことになります。さらに23日には、新色のクリムゾンレッドも発表されました。こちらは4月以降の正式サービス開始後に選べるカラーです。

Rakuten mini
Rakuten Mini

■Rakuten MiniはeSIMのみ対応

楽天モバイルによると、Rakuten miniはSIMカードスロットを搭載せず、eSIMのみをサポートします。楽天の無料サポータープログラムでは現在eSIMサービスを提供していませんが、Rakuten miniの先行体験者向けにeSIMサービスを開始します。

なお、eSIMはSIMロックフリー仕様となっており、楽天の自社回線以外も利用可能としています。日本で大手3キャリアのeSIMサービスはiPadなどに限定されたものになっていますが、MVNOのIIJなどがeSIMサービスを提供しています。

楽天モバイル

なお、楽天は23日に「無料サポータープログラム」第2弾の募集も開始しており、前回落選した応募者には優先して契約できる権利が用意されています。

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, mobile, rakuten, rakuten mini, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents