2画面スマホSurface Duoのソフト開発が可能に、プレビュー版SDKが公開。WIn 10X用も「数週間後」

マイクロソフトは2画面でいく

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年01月24日, 午前 10:00 in microsoft
0シェア
FacebookTwitter
Microsoft Surface Duo SDK
米マイクロソフトが2画面スマートフォン「Surface Duo」向けのSDK(開発者向けキット)のプレビュー版を公開しています。

Surface Duoは昨年10月に発表された折りたたみデバイスで、韓国サムスンなどが投入している流行の折りたたみスマートフォンとは異なり、物理的に別れた6.5インチの2つの画面を搭載しています。

OSにはAndroidが採用されていますが、UI(インターフェイス)周りは2画面での使用を想定し、標準とは少し異なった仕様となっています。そうした事情から、MS側は発表時に同機種用SDKの公開を予告していました。今回プレビュー版という形ながら、提供が開始された格好です。
今回公開されたプレビュー版のSDKには、2画面向けにアプリを開発するためのJavaフレームワークとエミュレーターが含まれています。実際の利用者によると、プレビュー版のSDKはかなりバグが多いようですが、上ツイート内の動画のように、既にジェスチャーなどの動作を確認できます。

また、2画面Windowsラップトップの「Surface Neo」に採用されている、2画面デバイス向けOS「Windwos 10X」向けのプレリリース版となる開発キットも数週間後に、そしてMicrosoft Emulatorも2月11日に提供される予定です。

Surface DuoとSurface Neoは2020年末に米国にて出荷予定となっています。スマートフォンとラップトップ業界で同時進行する折りたたみデバイスのブームの中、Surfaceの2画面というアプローチがどれだけ受け入れられるのかに注目です。

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, microsoft, sdk, surface, surface duo, surface Neo, surfaceduo, surfaceneo, tablet, windows 10x, windows10x
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents