Galaxy縦折りスマホZ Flip(仮)、90度固定でハンズフリー通話対応の噂

地味に便利かもしれません

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年01月23日, 午後 04:40 in galaxy
0シェア
FacebookTwitter
Flip
正式発表を前にして続々と噂が届けられている、サムスンの次期折りたたみスマートフォンGalaxy Z Flip(仮)。先行したGalaxy Foldが横折りだったのに対して縦折り型と言われるこの機種は、先日も公式と思われる画像や全体を俯瞰できる予想CGが投稿されていました

そんななか、新たに折りたたみヒンジに関する新しいウワサが出てきました。同機のヒンジは水平(180度)だけでなく、直角(90度)でも固定でき、クラムシェルノートPCの的な角度で利用可能。さらに一部のカメラアプリがこのモードに対応するとの噂が報じられています。今回の噂を伝えているのは、最近もGalaxy S20 UltraのRAM情報を語っていたXDA-DevelopersのMax Weinbach氏です。同氏のツイートによると、Galaxy Z Flipは90度と180度で「ロック」でき、90度モードではキックスタンドのように自立が可能。つまり机の上に置いてハンズフリーでの使用も想定していると思われます。


さらに90度固定モードにはビデオ通話アプリGoogle Duoやカメラアプリが対応しているとして、本体を折りたたむと動画表示部分がディスプレイ上部に移動するデモが引用されています

Weinbach氏が引用しているデモは、まさしくサムスンが昨年の年次開発者会議SDCにて披露していた縦折りコンセプトそのものです。そこでは特に製品化には触れられず、あくまでコンセプトとされていましたが、実際に開発が進んでいたのかもしれません。
またWeinbach氏は、Z Flipはディスプレイを通話中に閉じると回線が切れるともツイートしています。これはちょうど国産の折りたたみケータイと同じ操作であり、そちらが手に馴染んでいるユーザーから好評を博する可能性もありそうです。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, foldable, foldablesmartphone, foldablesmartphones, galaxy, galaxy z flip, samsung, smartphone
0シェア
FacebookTwitter