PC版「PUBG」2km✕2kmの超せまい新マップ「Karakin」を配信

粘着爆弾や建物破壊などの新要素も

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年01月23日, 午後 07:00 in dmm
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
1月23日「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(PUBG )のSteam版とDMM GAMES版において「Season 6」と「Survivor Pass: Shakedown」をリリースしました。

Engadget▲新マップ「Karakin」

Season 6では新マップ「Karakin」を実装。面積は2km✕2kmと従来のマップ比で、非常に狭いことが特長。パラシュートで降下後、スピーディーで緊張感あふれる戦闘ができます。 最大64人でプレイ可能で、「粘着爆弾」や、建物が破壊されてしまう「ブラックゾーン」などオリジナル要素も用意しています。


YouTubeにて公開されているトレーラー動画をみる限り、マップが狭いのでスグに敵とエンカウントして熾烈な戦闘が展開されそうです。落下後、ゆっくりアイテムを集めてじわりじわりと生き残るなんて余裕はなさそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: dmm, game, pc, pubg, steam
0シェア
FacebookTwitter