多彩な流派が魅力!酔拳や蛇拳で戦う3D格ゲー『Shaolin vs Wutang』:発掘!インディーゲーム

総勢30名のファイターが登場します

Shaolin vs Wutang
【連載:発掘!インディーゲーム】
PCゲームプラットフォーム「Steam」でプレイ可能な作品から、見逃し厳禁のおすすめインディーゲームをピックアップ! 今回ご紹介するのは『Shaolin vs Wutang』です。

発掘!インディーゲーム連載一覧


『Shaolin vs Wutang』はDigital Tribeより配信中の3D対戦格闘ゲーム。計30名のファイターが登場し、様々な流派の武術を駆使して死闘を繰り広げます。

Shaolin vs Wutang

1vs1の対戦がメインの本作ですが、まず特筆すべきは流派の多さ。蛇拳や酔拳といったカンフー映画でお馴染みのものから、羅漢拳、鷹爪功、さらには日本の柔道になぜか忍術まで、とにかくバラエティ豊富。キャラクターによって各種技やモーションが細かく異なるため、どんどん次のキャラクターを試したくなるのも魅力です。

Shaolin vs Wutang



Shaolin vs Wutang

ゲームルールはオーソドックスな2D格闘ゲームを踏襲しており、相手の体力を先に0にしたプレイヤーが勝利。攻撃パターンは弱・中・強の3種類で、ボタン入力と同時に方向キーを押せば技が派生し、流れるような連続攻撃を叩き込めます。もし相手の攻撃が激しいようなら回避アクションで回り込み、背後からカウンターを決めるのも良いでしょう。

Shaolin vs Wutang

MAXまで貯まった気力ゲージを解放して発動する「超必殺技」は、相手の体力をゴッソリ削る言わばリーサルウェポン。ゲージを貯めるには何度か攻撃をヒットさせる必要があるので、相手のふところへ潜り込み、繰り返しコンボを決めて素早く気力を稼ぎましょう。

Shaolin vs Wutang

『Shaolin vs Wutang』はストーリーに沿って敵キャラクターと対戦するアーケードモードをはじめ、体力が尽きるまで戦い抜くサバイバルモードや、腕前に自信がなくても思う存分練習できるプラクティスモードといったやり込みコンテンツが豊富なタイトル。またCPUが手強く、たとえ対人戦でなくとも激しいバトルが楽しめます。

中国拳法に興味のある方、そしてジャッキー・チェンやジェット・リーなどのアクション俳優が愛しくてたまらない方、ぜひインストールしてみてください。

Shaolin vs Wutang




 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: 発掘インディーゲーム, excavationgame, game, games, independent games, pc, PC Gaming, PcGaming, steam, windows
48シェア

Sponsored Contents