IIJmioの「eSIM」、新プランを今春発表へ

iPhoneの2枚目SIMとして使える便利なeSIM。プリペイドは来る?

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年01月28日, 午前 06:30 in eSIM
0シェア
FacebookTwitter
IIJmio
インターネットイニシアティブ(IIJ)は、格安SIMサービスIIJmioでベータ版を提供している「eSIMサービス」で新プランを"2020年春"に発表すると明らかにしました。

気になるプランの内容や料金などは明かしていないものの、同社広報は「お客様の声をもとに、もっと試しやすく、利用しやすいサービスを検討しています」とコメントしました。

eSIMは、従来はSIMカードに搭載されていた認証機能をスマホに内蔵するチップに置き換えたもので、eSIMチップを搭載したスマホやパソコンなら、物理的なSIMカードを挿すことなく利用できるという仕組みです。

国内通信事業者でスマホ向けのeSIMサービスを展開しているのは、(無料プログラムの楽天を除けば)、2019年1月時点ではIIJmioが唯一となっています。iPhone 11やPixel 4はSIMロック解除を行えばeSIM機能が有効になるため、IIJmioのeSIMを"2枚目のSIM"として使うことができます。

IIJmioのeSIMの現行プラン、4G LTEのデータ通信が月額6GBまで使える1種類のみ。NTTドコモ回線のMVNOで、料金は月額1520円となっています。月額プランで通信容量も1種類のみと限られていることから、月間容量の選択肢の拡大やプリペイドプランの追加が期待されます。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 4G, 4G LTE, Android, eSIM, IIJ, IIJmio, iPhone, mvno, Pixel, SIM, smartphone
0シェア
FacebookTwitter