au、米韓でのスマホ通信が1日490円「世界データ定額 早割キャンペーン」を2月開始

要事前予約

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年01月29日, 午後 12:10 in au
0シェア
FacebookTwitter
サンフランシスコ
KDDIと沖縄セルラーは、auのスマートフォンで海外のデータ通信を割安に使える「世界データ定額 早割」を2月1日に開始します。さらに北米や韓国などの一部の地域では「早割キャンペーン」として通常の半額となる1日490円で利用できるようになります。

世界データ定額は、ふだん使っているauスマホをそのまま海外キャリアで使えるサービス。通常1日(24時間)980円で、契約プランの上限までデータ通信を使えます。

今回追加される新コースの「早割」と「早割キャンペーン」は、出国前にアプリから予約しておくことで、割安な料金で使えるというサービス。

「早割キャンペーン」の料金は1日480円で、対象地域はアメリカ (本土、アラスカ)、カナダ、ハワイ、韓国、台湾、香港、マカオ、タイ、プエルトリコ、米領バージン諸島。「早割」は1日690円、中国、シンガポール、オーストラリア、フランス、イギリス、ドイツなど150以上の国と地域が対象となります。

au

また、これまでは1日(24時間)単位で利用開始の設定が必要となっていましたが、事前予約時に利用日数を最大8日間までの範囲で設定できるようになりました。

このほか、2020年3月に開始予定のauの新ポイントプログラムでは、世界データ定額「早割」「早割キャンペーン」を事前予約した場合に、利用料をキャッシュバックする特典が追加されます。最上位の「プラチナステージ」なら8日分、「ゴールドステージ」なら3日分、「シルバーステージ」なら1日分のキャッシュバックとなっています。

1日490円の対象国はアメリカなど一部に限られていますが、短期滞在なら現地でSIMカードを調達するのと同じくらい安く、手軽で便利に使えるようになっています。要事前予約となっていますので、海外渡航の予定があるauユーザーなら、渡航前の準備リストに入れておくと良さそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: au, mobile, roming, smartphone, travel
0シェア
FacebookTwitter