iOS 13.3.1
Appleは28日(米現地時間)、iOS 13.3.1の配信を開始しました。届いていれば通知から、あるいは[設定]>[一般]>[ソフトウェア・アップデート]から確認して手動でアップデートできます。

またiPadOS 13.3.1の配信も開始されており、更新内容はiOS 13.3とほぼ同じとなっています(iPadが対応していないDeepFusionやU1チップ等の問題修正を除く)。昨年末に配信されたiOS 13.3からの主な更新は、まず「通信/通話の制限」でスクリーンタイムのパスコードを入力しなくても連絡先を追加できる場合がある問題の修正です。これは「親が子供の連絡先を制限できる」ペアレンタルコントロール機能にて、子供が勝手に連絡先を追加できる抜け道を塞いだものです。

メールアプリに関しても、サーバーからの画像読み込み設定が反映されない、取り消し操作ダイアログがくり返し表示されるなどの問題に対処されたとのことです。WiFi経由でプッシュ通知が配信されない可能性のあるバグも修正されたと述べられています。

そしてiPhone 11シリーズについては、U1超広帯域(UWB)チップによる位置情報サービスの使用を制御するための設定が追加されました。

こちらは昨年12月、iPhone 11 Proがユーザーの意図しない位置情報を収集していると指摘されたことが発端です。当初のアップルによる漠然とした回答がかえって波紋を呼んだ結果、改めて理由が説明されたうえで、今後のiOSアップデートで本機能のオンオフを切り替える専用オプションを用意すると約束されていました

以上、iOS 13.3.1の公式リリースノートは次の通りです。

iOS 13.3.1には、バグ修正と改善が含まれます。このアップデートには以下が含まれます:

  • "通信/通話の制限"でスクリーンタイムのパスコードを入力しなくても連絡先を追加できる場合がある問題を修正

  • U1超広帯域(UWB)チップによる位置情報サービスの使用を制御するための設定を追加

  • iPhone 11またはiPhone 11 Proで撮影したDeep Fusionの写真を編集するときに短時間の遅延が生じる場合がある問題に対処

  • "メール"でサーバ上の画像を読み込む"設定が無効になっていてもサーバ上の画像が読み込まれる場合がある問題を解決

  • "メール"で取り消す操作のダイアログが繰り返し表示される場合がある問題を修正

  • FaceTimeでワイドカメラの代わりに背面のウルトラワイドカメラが使用される場合がある問題に対処

  • Wi-Fi経由でプッシュ通知が配信されない場合がある問題を解決

  • CarPlayで特定の車両から電話をかけると音声にひずみが生じる場合がある問題に対処

  • HomePodのSiriの声にインド英語を追加

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:

https://support.apple.com/kb/HT201222