65+18W出力、13500mAhで295g。MacBook Proでも余裕な軽量モバイルバッテリーがMakuakeに

45Wでは厳しいノートPCでも安心

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2020年01月29日, 午後 06:20 in mobile
67シェア
PBP_65W昨年より「本格的なUSB PD化トレンド」が進行し、急速に大出力化の進むモバイルバッテリー。ここ半年ほどは軽さと小ささ、そして容量のバランスが取れているため人気の高い、15000mAh前後のモデルでの高出力化がアツい状況になっています。
そんな傾向を加速しそうな製品が、Makuakeでファンディング中です。

それが香港MODO Innovation Technologyのブランド『EXCITRUS』の『Power Bank Pro』(PD-65135)。ファンディングの主催は、輸入代理店の株式会社ファンデクセルです。
特徴は、本体約295gで容量13500mAhながら、USB Type-Cで65W、総合出力83Wと高出力な点。65Wの出力があれば、MacBook Proクラスの高性能ノートPCの多くで急速充電が可能となってきます。

すでに目標金額は達成された状態で、現状での最安価コースは1個で8790円、2個セットで1万5380円(税および送料込)から。製品到着予定は4月末です。PBP_65W

本モデルのUSB端子構成は、USB Type-C×1基+Type-A×1基。出力はC側65W+A側18Wの、総計83Wという構成です。同時仕様でも出力制限がないため、65Wを必要とするノートPCと18Wのスマートフォンを同時に高速充電できる仕様です(詳細な出力仕様に関しては後述)。

また、本体の充電に関してもType-C経由で45W入力が可能な仕様。充電速度に関しては、「1時間で13500mAhの約80%をチャージ」とアピールします。入力(本体の充電)よりも出力のほうが大きいという仕様は、現状ではかなり珍しいものです。

PBP_65W

これだけの出力が可能ながら、バッテリー容量は13500mAh(48.6Wh)。そのため本体サイズと重量も「容量相応」のレベルに収まっており、縦長状態で74×125×27mm(幅×奥行×厚さ)、重量は295g。同容量の製品の中では厚みはありますが、底面積は水準といったレベルと呼べそうです。

PBP_65W

高級モバイルバッテリーで重要な容量表示も充実しています。基本は1%刻みによる数値表示タイプ。LED数個タイプでは判別しにくい、「残量は50%以上あるが、相応に使っている」場合なども一目でわかります。

また使用中(出力中)は「%」の文字が点滅し、充電出力も2個ある雷(電流)アイコンの数で目安がわかるなど、モバイルバッテリーとしては豊富な状態表示となります。

PBP_65W

もうひとつの特徴は『アップルウォッチ充電モード』。これはApple Watchをはじめとする各種スマートウォッチやワイヤレスイヤホンなど、充電用の出力要求が比較的弱い機器に対しても適切な充電を可能をする機能です。

本機の出力側は無駄な電力消費を防ぐため、出力が一定以下となると自動的にオフとなりますが、Apple Watchなどバッテリー容量の小さな機器では、条件によってはこれに合致してしまい、出力がオフになってしまう場合があります。

このモードではこうした動作を防ぐために、出力を70mAに制限すると同時に自動オフを解除。これにより、誤作動を起こさずに最後までスマートウォッチなどを充電可能になる......という趣向です。

加えてバッテリー本体、つまりリチウムイオンセルに関しても、高級機種らしく1000回以上の充放電サイクルを公称する高耐久性製品の採用を謳います。現状スマートフォンなどで一般的なリチウムイオンセルでは約500回が水準のため、公称レベルではありますが、2倍の充放電サイクル寿命を備える換算となります。

PBP_65W

さて、詳細な出力仕様は、Type-C側が「5V/3A、9V/3A、12V/3A、15V/3A、20V/3.25A」、Type-A側が「5V/3A、9V/2A」。Type-A側の9Vに関してはおそらくスマートフォン用の急速充電仕様と思われますが、現状では詳細は発表されていません。

入力(本体側充電)に関しては、Type-C経由のみで「5V/3A、9V/3A、12V/3A、15V/3A、20V/2A」という仕様。最高の45Wは15V入力時で、20V入力では40Wと若干下がるという仕様です。

また、気になる製品保証に関しては6カ月、PSEに関しては「2020年1月中に試験完了の予定」とのこと。付属品は、USB Type-C to Type-CケーブルにType-A to Type-Cケーブル、そして日本語版取扱説明書。本機の場合はノートPCにも使うことが想定できるだけに、(Type-)C to Cケーブルが付属するのは有り難いところ。

PBP_65W

このようにPower Bank Proは、15000mAh級サイズの大きさながら、MacBook Proなど高性能モバイルノートPCの多くで使える65W出力を備え、さらに同時にスマートフォンへの急速充電が可能という、小型ながら汎用性が高い点が特徴の製品です。

「ノートPCのバッテリー切れに対して使えるクラスのモバイルバッテリーは欲しいけれど、20000mAh級の製品ではかさばりすぎる」「ノートPCはいざという時にしか充電しないが、その際には高速充電がしたい」という使い方のユーザーには、非常に魅力的なモデルでしょう。

 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: mobile, mobile battery, MobileBattery, usb battery, usb pd, UsbBattery, UsbPd
67シェア

Sponsored Contents