マセラティ初のハイブリッドカー、北京モーターショーで発表へ

プラグインハイブリッドになるとのこと

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年01月29日, 午後 05:30 in car
0シェア
FacebookTwitter
Autoblog2020年4月21日に開幕する北京モーターショーで、マセラティがブランド初のハイブリッドカーを発表すると自動車メディアのAutomotive News Europeが報じました。

マセラティはフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)傘下の高級車メーカー。2019年9月に「全車種にハイブリッドモデルを追加する」と発表しており、11月には高級セダンのギブリがその最初のハイブリッドモデルになることをアナウンス済みです。あとはいつ発表かというところが注目されていましたが、それがどうやら北京モーターショーになる模様です。

このハイブリッド版ギブリが具体的にどのような仕様になるのかは(発表前なので)まだ明らかではありませんがAutomotive News Europe紙はプラグインハイブリッド車(PHEV)になるとの予測を示しました。

2017年にはSUVレヴァンテが好調で2ケタの伸びを示したマセラティの販売台数も、EVおよびハイブリッドカーの普及促進をはかる中国市場では2019年の売上が27%も減少し苦戦しています。マセラティとしては北京でハイブリッド車を発表することで、まずはイメージから巻き返したいところです。

ほかにも、マセラティは2020年1月23日に自社初のEVスポーツカーのティザーイメージを公開しており、こちらは5月にイタリアで発表される予定です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: car, ghibli, hybrid, maserati, plug-in hybrid
0シェア
FacebookTwitter