Netflixが「ONE PIECE」実写ドラマの制作と独占配信を発表

1シーズン全10話

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年01月30日, 午前 11:30 in manga
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
Netflixは1月30日、Netflixオリジナルシリーズ「ONE PIECE」を製作し、全世界独占配信することを発表しました。1シーズン全10話の実写ドラマを展開予定です。制作はドラマ「カウボーイビバップ」「スノーピアサー」などを手掛けてきたトゥモロースタジオ、脚本はNetflixのマーベルドラマシリーズを手がけたマット・オーウェンズが担当します。

「ONE PIECE」は少年ジャンプにて連載中の、大人気アクション漫画。全世界累計発行部数は4億6000万部を突破しています。過去にも実写映像化のオファーは多数あったそうですが、今回の企画は原作者の尾田栄一郎氏と週刊少年ジャンプ編集部が課せた様々なハードルを乗り越えられると確信できたから実現したそうです。

実写ドラマのエクゼクティブ・プロデューサーにも就任した尾田栄一郎氏はイラストと共に下記のようにコメントしました。
「2017年に製作を発表したんですけど時間かかるのよいろいろ!水面下でずーっとじわじわ準備が進んでます。そして今回これを発表していいそうです。あの世界一の動画配信サービスNetflixが大きく力を貸してくれる事になりました!心強い!!シーズンⅠ 10話でストーリーがどこまで進むのか。配役はどうなるの!?もう少しお待ちください。そしてご期待ください!!」
Engadget

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: manga, netflix, onepiece
0シェア
FacebookTwitter